| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2012年09月17日

パラサイトシングル考

1.jpg




一度実家を出たものの、経済的な理由によりまた実家に戻る20〜30代が増えてるらしい。

『パラサイトシングル』がマジョリティになると、逆側のマイノリティは今度は何てネーミングされるようになるのかしら。

『スタンドアローンシングル?』w


ちなみに、実家に親と同居してる独身者は『おひとりさま』の定義からは外れるのかしらん? まぁ、どーでもいーかw

- - -


まぁ、バックグランド的に経済的理由があげられるなら、結婚に対する価値観だって相当揺らいでる背景も見逃してはダメだよね、と思う。

それは『もっと自由でいいんじゃない?』っていうワークバランス的な意味合いもあれば、3.11以降の『絆的』要因もひっくるめてね。


ってことで、これから独立系シングル/スタンドアローンシングル(ややこしいw)たちは、付き合う=同居(同棲)型が、増えてくるんじゃないかな…なんていう想像も可能だよね。


また、一方で、パラサイトシングル化が進むことによって、恋愛が発展しない。→ 少子化が進む…という懸念も一部のニュースでは言われているようだし、やはり経済が停滞するとあっちの羽振りも芳しくならないのかな、と。


ボクはバブル世代なので、半年前からクリスマスのホテルの予約をしないと取れない…なんていう時代を知っているのだけれど、まぁ、それはそれでなんだかなぁ…というカンジだよね。

- - -

ちなみに、パラサイトは日本だけの問題じゃないらしくって、各国ごとに呼び名があるようです。

韓国では「カンガルー」。カナダでは「ブーメラン」(出戻りのこと)。イタリアでは「バンボッチョーニ」(大きなおしゃぶり坊や)と言うらしい。(参考:http://news.mynavi.jp/series/shugyoku/023/


- - -

お金のない若い世代をビジネスで相手にするなら、お金に余裕のある世代50歳代オーバーを狙った方がおいしいと思うのは、マーケ的発想ではあるんだろうけれど、そこばかりになっちゃうと日本全国シルバー万歳国家になっちゃって、それはそれでなんだかなぁという気持ちになるしねぇ。


ちなみに、今ボクが関わっているテレビ番組の企画でもその他のプロモーション案件でも、「いかに、50歳オーバーのひとたちを巻き込むか?」的なものが多くなっているのも事実。



ごめんなさい、まとまらないまま終わります。お出かけの時間w

- - -
参考リンク:『経済キャスター・鈴木ともみが惚れた、"珠玉"の一冊』
http://news.mynavi.jp/series/shugyoku/023/


posted by 石山城 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。