| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2013年01月27日

Jan 27, 2013


  • セミナーやワークショップがどんどん増えてますね。しかも、東京だけじゃなくて全国に波及してる感じ。 でもこういうのは行っただけじゃダメで、前後にでもそのセミナーの関係者や仲間と、SNSで繋がる(同志を作る)のも大事なのだと経験則で思う。ひとりっきりじゃ熱は直ぐ冷めちゃうから。 posted at 00:28:05



  • #Google 本社にある有名なホワイトボード。思いついたらみんなでどんどん書き込んでいくらしい。細部まで拡大表示可能。【under Google2 | Google's Master Plan】http://bit.ly/WsREwF posted at 01:00:41


  • 1.jpgKLOUT スコア
  • フォロー数:50、フォロワー数:約50万 …という一般の日本人のTwitterアカウントを見つけたのだが、KLOUTスコア:48 …という不思議。 でも、ツイートの中身を読むと納得。 案外、KLOUTスコアは信憑性が高いのかも知れない。 posted at 01:15:36




  • 昔はちょっとした自分の時間があったなぁ…と、ふと思った。 なーんにもしない、もの思いにぼーっとしてる大切な自分だけの時間。 今は電車な中のちょっとした時間でさえも、ボクは音楽を聴いたり、ソーシャルネットをしていたり…。それはまるで追われるように『なにか』をしているからね。(つづく posted at 13:09:58

  • つづき)ときどき思ってたんだ。「このままでいいのかなぁ…」って。 そりゃ大好きな音楽を聴いたりTwitterやFacebookをしてるのは楽しいんだけれどさ、小さな楽しいカケラを集めてることに夢中で、もしかすると、なにか大きな大事なものを、失っているような気がしてた。(つづく posted at 13:12:22

  • つづき)じっくりと腰を据えてものを考えることもなくなった……と書くと語弊があるけれど、日常の細切れの時間でさえも、音楽や、ケータイに触れてることで、ボクの頭の中でなにかが熟成発酵していくような、そんな時間が奪われているような気がしてた。そんなことを某地方都市の青い空を見て思った。 posted at 13:25:00



  • 【機内食ドットコム 〜機上の晩餐〜】というサイトを見つけてしまった。 世界168航空会社 4,932機内食収録(2013年01月現在)らしい。すごい。写真はオマーン航空の機内食。http://www.kinaishoku.com/ posted at 16:28:54




  • 今、ボクのタイムラインで、東京は意外に広すぎていて『パリは世田谷区と同面積で…』というツイートを見て、へぇーって思ったんだけれど、ふと思い出したのが、『ニューヨークのマンハッタンは山の手線内にすっぽり入る大きさ』ってことと、『北京市の面積は日本の四国とほぼ同じ』ってこと。 posted at 17:43:49


  • キュレーションとか、コンテキストとか、視座とか… 何かとても新しいように見えるけど、日本古来からの色んな『見立て』に過ぎないんだよね。で、それが岡田斗司夫さんの言う『匠の目/粋の目』であり、=オタクかなと。 独り言 posted at 21:25:41


  • ■ボクの仕事のこと:

  • 地方の公的な機関や団体からセミナーの講師とか頼まれた場合の相場は、超有名人でもなければ5〜10万円(交通費別途)というのが、ボクやボクのまわりでの相場観。 でもそれで移動も含めて1日かかるなら、よほど思い入れがないとビジネスとしては難しいのが現実だと思う。 posted at 22:43:21


  • ちなみに、ボクやボクのまわりのフリーランスのコンサル(顧問)は、週1〜2の定例会議に参加して月額いくら…という相場は、20〜50万円あたりが相場で、それを数社やって、またそこから派生するジョブは別立てで請求かけてる…そんな感じです。ときどき友だち価格アリw(CC:省略 posted at 22:47:53


  • 基本的に外部のブランナーやコンサルって、順調なときは大手に頼んで、これは!?っていうヤバ目なときにはガッツリ個人に頼む(もちろん逆もあるだろうけれどw)ことが多いような気がしていて、ボクの場合は圧倒的に【瞬間風速 解決型】を求められる後者のケースがほとんど。 posted at 22:51:31


  • ボクは、某総研から完全な広告代理店の下でうけるフリーランスの広告プランナーになって、そうこうしてるうちに業界に知り合いが増えて定期的にコンサルやるようになって、制作物も仕掛けもビジネスマッチングもオールランドにやれるようになったクチ。で、なりゆきでテレビも考えるようになった。 posted at 22:55:49


  • 「広告関係やってて一番大事なことなんですか?」って、今日、聞かれたんだけれど、『(ボクはものすごく現場まで考えるので)あらゆる見積書が作れること(=ものの値段がわかる、もしくは訊ける仲間がいること)』だと思う。それできないとビジネスにならないから。経営者やPは必須。 #Biz posted at 23:02:24


  • そういえば、ものすごい額面のお金の話しはよくSNSで見かける(何億ドルで買収とかねw)けど、実際ボクらがビジネスでやりとりしてる金額の数字なんて、あまり見たことがないよね。 でもボクらはそれで食ってるんだし、正当な金額の話しは堂々として良いとボクは思う。あまり馴染まないかな?w posted at 23:06:47





posted by 石山城 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。