| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年04月26日

トラックバックについて考えてみる

4757303564.09.LZZZZZZZ.jpg 「歌は世につれ世は歌につれ…」ではありませんが、時代背景とともに価値観というのは変化して行くものです。そして、このトラックバックと呼ばれるブログ特有の機能も、ブログの広がりと共に黎明期とは違った受け止められ方や使われ方など、一般的にルールと呼ばれるモノが形成されたと思われます。


いうことで、ここ最近のトラックバックについてボクなりに考えてみました。


*画像はイメージで内容に関係はありません

- - -


まぁ、仰々しく切り出したものの、ボクのトラックバックについての考え方は、2004年の8月に書いた「私流トラックバックマナー」のときとたいした変わりはなく、



「自分の書いた内容に関連する記事や参考にした記事であれば、どんどんするべきだ」というもの。



しかも、トラックバックを貼るときには、先方に事前にメールを送ったり、先方の記事に挨拶コメントを残したり……っていう、わずらわしいことは一切せずに、自由に「ドン!」と行っても構わない……っていうもの。



その理由として、ボクが最優先している考え方でもある「インターネットはもっと自由であるべきだ」という基本思想によるものです。




でも、最小限の配慮はします。


例えば、ボクがトラックバックを送ろうと思っているブログは、「どんなブログで、どんな方が管理人で、なにを目的としているのか?」っていうことを、さらりと見まわして判断した上で、ボクのトラックバックが迷惑かどうかを考慮して送信pingを送る…というものです。





ボクはこういう最低限のマナーというか、きちんと相手と記事を見極めた上でトラックバックを送るのであれば、どんどん活用すべきだと思っています。



なので、ボクのこのブログに対しては「いきなりドン!」で構いません。



でも、まったく関連性のない記事に関しては、遠慮無く削除&迷惑トラックバック報告を出します(こういうシンプルでドライな判断で良いと思っています)。





■迷惑トラックバックについて




しかしさ、まったく関連性もナニもないのに、


「あの女子アナがポロリ…」とか、



「人妻の本音、興味ある?」とか、



そういういう記事を、ボクの記事にトラックバックしてくるっていうのはどういうことなんでしょうかね?





見ちゃうじゃねーか。





まぁ、一応、先方の記事をちゃんと見た上で、「あぁ、やっぱり…」と思って迷惑トラックバック報告を出しちゃうんですけど、真面目なボクとしては、



「あのセレブが……??」


っていう記事の最後の方にでも、ボクの記事内容と関係する内容が書かれているのであれば……という、タイトルに惑わされない仏のような心で毎回見てるんですけど、迷惑トラックバックはそれ以上でもそれ以下でもなく、やっぱり「迷惑」なモノなんですよ。





っていうか、そういうトラックバック内容を送信しているのを知っていながらも、「許諾」している真面目なブログもたくさんあることも事実ですよね。




ボクは信じられないんだけれど、これはこういうことなんだと思います。




■迷惑トラックバックがイキ状態になっているワケ


それは、「トラックバックを貰える」「コメントを貰える」っていうことは、いわゆるSEO(検索サイトで上位にカウントされるかも?)効果があるんじゃなか?っていう、ブログ管理者のスケベ心で許諾してるんじゃないかと。




もしやと思うし、また、それが本当にSEO効果に反映されるかどうかなんてボクは知らないけれど、もし本当にそう思っているのであれば、「それはなんだか違うんじゃないの?」っていう違和感を感じますよ。



少なくともボクは、その手の記事のトラックバックを放置しているブログを訪れたとしたら、それが例え素晴らしい内容にあふれたブログだとしても、


「ちゃんとトラバ管理もしてないような会社なんだ…」


と判断するし、もしくは、さっきも書いたように、「そんな下品なトラックバックまでも利用してでもSEOを上げたいのか? こそくだ…」と感じてしまいます。



まぁ、少なくとも信用はしません。



あぁ、言っておきますが、これはあくまでもボクの判断基準です。






■まとめ


ということでトラックバックについてのまとめです。


ボクんとこにその手の(特にエロ系)のトラックバックは止めていただきたい。


ぁ、こんなことを書いてもその手の業者は見ちゃいないんだろうし、ボクもトラックバックされたら相変わらず見に行っちゃうんだろうけれど…(笑) でも、冒頭で書いたように、記事に関連性のないトラックバックは躊躇無く迷惑トラバ報告を出していますよと(でも、多少なりとも意図を感じるモノは、基本的に認証しています……ってことも忘れずに!^^)



- - -

関連リンク:

「私流トラックバックマナー」



posted by 石山城 at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。