| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2004年03月03日

鳥インフルエンザ報道に対しての一考察

 都府丹波町の鳥インフルエンザ隠蔽(いんぺい)問題について、ボクはひとつだけ問いたい。浅田農産は本当に悪かったのか?と。

 や、もっと正確に書くのであれば、何もかも、隠蔽した浅田農産だけが悪かったのか?と。


 んなに世間から世の中の悪者はお前だけだ!的な扱いをされても、 本当に仕方がなかったのか?と……。

---


 もちろん、今回の隠蔽事件は社会的にも産業的にも、また、真っ当に仕事をする人間にとって、あってはいけないことだと思う。しかし、もし仮に自分がその立場だったらと想像すれば・・・・有無を言わさず営業中止>イコール収入0。 ・半径30キロの同業者も営業中止>同業者からの反感。と、まさに降ってわいたような、

いわば自分ではどうしようもない天災とも言える今回のウィルス騒ぎで、 すべてを失ってしまう事態を、 ・・・ 直ぐに受け入れて対応できたかどうか疑問なのである。



 個人的には浅田農産とその関係者には、同情することはあっても、一方的に責めることはどうしてもできないのである。


 一方、社会的正義に対して声高に糾弾するマスコミの態度は、 理解できなくもないけど、「直ぐに通報を促すような施策」を講じない行政に対しても、 どうせ本気で考えちゃいないよね、と ボクは思わずにはいられないのである。


  繰り返すけど、ボクは隠蔽した事実を擁護しているわけではないし、 仕方がなかったよな、とも思わない。だけど、相変わらず糾弾するだけのマスコミの報道姿勢には嫌気がさすしーーーで、あれば、どういう対策システムが必要なのか?現状は何がいけないのか?という提案までセットで報道すべきであるし「大変な事態ですね〜」と言うだけのコメンテーターは要らないとさえ思うーーー、真の被害者へ対する保護政策を直ぐに打ち出せない行政の責任はなぜ追求されないのか?と思った次第。



 行政が絡む事件はなんでもそうだけど、本当の被害者は生活まですべて0になって世間のさらし者にされるのに、 一方、行政は不祥事が発覚したら謝罪だけで済まされる…というシステムはどうにかならないものなのだろうか。


posted by 石山城 at 12:38 | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。