| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年05月15日

【スポーツ振興くじなのに、サッカーくじという名称の不思議】に、今さらながらに気がついた一考察

 “自分の人生が最高のギャンブルである”と、ハードボイルドに生きるボクの人生には、その他のギャンブルにはあまり興味がない。

ーーーどーでもいーけど、ハードボイルド(hard boiled)って、どーしてハードボイルドって言うんでしょうね。“よく茹であがった”というダイレクトな印象は、ぜんぜんシブくないしカッコよくないよね。どっちかっていうと、“ウェルダンなヤツ(well-done:良く焼けた。ウマくやった)”の方がイメージに近いんだけれど、まぁいいやーーー


 で、その“toto”だけれど、先週末にシステム障害を起こして、更に14日、再び障害が発生するのを未然に防ぐために、発売終了時間を繰り上げる…っていう事態に陥ってるみたいですね(参照リンク


 前述のように、ボクはこのtotoっていうのを、いつも行く“ほっかほっか亭”のカウンターでよく見かけるだけで、やったことも。買ったこともないんだけれど、今回のニュースをキッカケに【どれどれ…】と、関係するウェブサイトを見てみたら、ちょっとびっくりすることの連続で、ちょっとタマげっちまったよ……っていうお話し。- - -

 【情報はソースにあたれ】は基本中の基本なので、先ずはボクはtotoオフィシャルサイトに行ってみた。(参照リンク


 驚いたね。



 今回のトラブルをうけて【重要なお知らせ】がトップページを飾るのは理解できるんだけれど、中身がーーーー

 
 ・障害のお知らせ(履歴)
 ・システムメンテナンスのお知らせ(履歴)
 ・お詫びのお知らせ(履歴)

 ・BIG、miniBIG直近のくじ結果
 ・直近の販売結果


ーーーこれしかないの。




 フィシャルサイトなのに、【遊び方】も【くじの種類】も【購入のしかた】へのリンクはおろか、運営団体の紹介リンクも皆無


 
 一番下には毎度の【ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT(C)2007, NATIONAL AGENCY FOR THE ADVANCEMENT OF SPORTS AND HEALTH】という決まり文句は表示されているけど、肝心の日本語の団体名表示もリンクもない。(5/15/2007 現在)




 回のトラブルを受けて、暫定的なウェブサイト表示になっているんだろうと想像するけれど、オフィシャルサイトなのに、お詫びと障害履歴と当選結果しかない公式サイトって、そりゃーないんじゃないかなぁーとボクは思うわけです。



 平時のウェブサイトは、見たことがないのでわからないけれど、totoは、システム障害とともにウェブサイトまで壊れてしまったのだろうか?



 

 まぁ、落ち着いて【システムメンテナンスのお知らせ】の記事を見れば…

現在、くじの販売・払戻システムのメンテナンスを実施しております。

このため、5月14日(月)午後6時から5月15日(火)午前8時までの間、くじの販売・払戻を休止させていただきます。

この間、当サイトにおきましては、直近のくじ結果を除く、くじ購入、会員登録、当せん照会、会員メニュー内の購入履歴ページなどがご利用いただけません。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、何とぞご容赦いただきますようお願い申し上げます。



…とは書いてるんだけれど、あくまでも素人考えなので間違っているかも知れないけれど、【購入・払い戻しに関するシステム障害】なので、関連するページが見られなくなるのは理解できる。


 でも、公式サイトのすべてのメニューを閉じてお詫び文だけしか見せないっていうのは、どうなのさ…と、ボクは思ってしまう。



 
 とまぁ、長くなっちゃったけれど、これがボクがびっくりした第1点目。




 れじゃ…ってことで、関連する『独立法人 日本スポーツ振興センター』(参考リンク)を見て、更に驚いたっていうのが第2点。




 クは今回のニュースをキッカケに(冒頭で書いているように、totoを購入した経験もないので)、どんな種類があって、どんな風に買うんだろうかと興味が湧いたんですよ。




 少なくとも15分はじっくり読んだと思う。たぶん。




 も、ボクがあまりにも無知なのか、バカなのか、理由はわからないけれど、結局、totoって、難しすぎてぜんぜんわかんないの。(参考リンク:くじの仕組みと種類


 取りあえず、1)BIG 2)mini BIG 3)toto 4)mini toto 5)totoGOAL3 6)totoGOAL2 という6種類があることと、購入する場所(信用金庫とかコンビニなど)っていうことは理解した。



 も、買い方が複雑すぎて、もはや、ボクなんかは『覚えてみよう』っていう気持ちすら完全に失せたし、説明文を読めば読むほど、ぜんぜん楽しそうに感じることができなかった。



 告業界では、ファースト・タッチ(第一接触)までの仕掛け(リード)が大切なのに、しかも、今回のボクのアクションは、わざわざボクの方から見に行っている……という希少な例であるにもかかわらず、結果的に『もう、知らなくていいや』って感じてしまったのは個人的にとても残念で仕方がない。



 

 とね、最高6億円の当せん金が狙える「BIG」は、ニュースの記事によれば、1等当せんが12回連続して出てなくて、繰越金が約15億円にも膨れ上がったことが今回の障害の要因のひとつってことだけれどさ(参照リンク


 Jリーグを熟知した人じゃなきゃ買うことのできないくじ…っていう、そもそものくじへの発想がマズいでしょ。



 誤解を避けるために書くけれど、サッカー振興のためだけに執り行われているくじであれば、その考え方もアリですよ。


 でも、主催はJリーグじゃないし、名目だって「スポーツ振興くじ」で、売上の還元先もスポーツ全般の振興に使われるためのくじであることが大前提になっているわけでしょ。



 それを「サッカーくじ」っていう名目で喧伝してるのもおかしいし、くじの購入だって素人はBIG(全試合をこと細かに予想する種類のくじ)なんて買えやしませんよ……っていう設定にしてるのも、どこか本末転倒してるんじゃないかと思うわけです。





 談だけれど、「スポーツ振興くじ」っていう名称なのに、なぜサッカーだけなんでしょうね?


 本当にスポーツ全般の振興に寄与するものなら、その対象先は、全プロスポーツ・・・例えば、野球も、バレーも、そして、相撲だって、その対象にしても良いはずなのにね。


 ぁ、ヘタに歴史があるプロスポーツは、それぞれムニャムニャ…で、複雑な事情が絡みまくってることは、想像に難しくないのでそういうことになってないんだろうけれど、かのような弊害が、イチローや松井や松坂などの優秀なアスリートたちを、日本から遠ざけている要因のひとつに繋がっている関係性など、想像できないんだろうなぁーと、外野から見ているボクなどは思うわけです。





 あともうひとつだけ。




 1等当選金が最高6億っていう設定について




 差社会やワーキングプア、若者フリーターが正社員になりたがらない&企業も正社員の数を増やしたがらない、高齢化社会と高齢者の抱える将来の不安などなど…。これらのような日本を取り巻く状況を考えれば…



 約480万分の1の確率の1等6億円より、

 確率は知らないけれど…




 
 1等10万円でバカバカ当たりを出す





 こっちの方が全体の売上は上がるような気がするんだけれどどうでしょうかね? あまりにも極端のような気がしないでもないけれど(笑)



 して、予想の仕方をもっとシンプルにしてーーーミニマムでは1試合(例えば、浦和と柏)だけでも買えるとかねーーー、そういうド素人でも参加のしやすさを再考すべきだと思います。







 いや、それよりなによりもさ、





 1)今、jリーグは何チームで戦っているのか?


 2)チーム名をすべてを言えるか?




 日本全域&20才以上(totoの購入できる年齢制限)の男女で、一度大々的にリサーチすることを関係者のみなさまには強くオススメしたい。



 

 最後まで読んで下さりありがとうございます



- - -
参考リンク:

 ・totoオフィシャルサイト
 ・日本スポーツ振興センター 
 ・jリーグ公式サイト


- - -
※追伸1:

 Jリーグでよく耳にする「第10節」とか「ヤマザキナビスコカップ」などなど……。

 いったいぜんたい、jリーグにはいくつの「〜〜カップ」が存在して、「〜〜節」まであるのか、そういうシステムにつけられた名称の意味を理解している絶対数も同時にリサーチした方が良いと思います。>関係者の皆さま



※追伸2:

 totoのロゴマークを【(ToT)o】と、困った顔文字にしてブログを書く人もそのうち出てくると予想。

- - -
 *ネタフルさんとこも「「toto」はどこで買える?」の記事を書いていたので、トラバ。


posted by 石山城 at 07:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年、人口6000人のスペインの小さな田舎町で
ケタ外れ(600億円)の超大当たりが出たという
ニュースを思い出しました。

(ロイター社HPの記事はキャッシュで閲覧可能でしたが、参考の為にリンクは以下の通りです)
http://www.excite.co.jp/News/odd/00081166958692.html


totoは音的には、私の名前でもありますが、
今までやったことないですね〜


しかも...サッカーは「お祭り」として観戦するだけで
チーム名も、その数だって全く把握しておらず...

そのうえ、私も賭け事はしない派です。

こんなコメントしか出来ずに、すいません...

>totoのロゴマークを【(ToT)o】と困った顔文字に

なるほど〜
まさに、今の私の顔です^^;

Posted by とと(タイムリーに私の名前と同音ですね) at 2007年05月15日 12:30
>ととさん

600億も当たったらどーすんでしょうね?

でも、世の中には宝くじにも当たってないのに、
もっとお金持ってる人がいるんだよね(笑)

また、それとは同じように、
ドロボウに入られたと同じぐらい
部屋が散らかってる人もいるので、
ホント、世の中は広い。
- - -

ところで、また今週末、キャリーオーバーで
今度は15億円になってるそうですよ>toto

買ってみる?^^
Posted by 石山城 at 2007年05月18日 06:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

BIG に挑戦!
Excerpt: 今話題のBIGを土曜日ギリギリに購入してみました。 totoは何回か買った事があるのですが、BIGは 初めて買いました。
Weblog: 私の時計
Tracked: 2007-05-20 20:10

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。