| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年05月17日

本日のアイデアフラッシュ…1

 クノロジーは日々進化し、ますます私たちの生活を豊かなものへと導き、バラ色の未来は・・・・と、あこがれた未来など、21世紀に入って7年を経過した今現在も、リアルな感想を持ち得ない昨今。


 しろ、便利になりすぎたコトによる弊害なのか、目をおおってしまいたくなるような事件の連続に、『いったいこの世はどうなってしまうんだろう?』という、漠然とした不安感だけが募り、世知辛い世の中をますます強く感じるようになってるような気がします。


 こで、ちょっとしたアイデアなのですが、こんなことは実現可能ではないでしょうかね?ってことをボクなりに考えてみました。- - -


『暴力・殺人 除去フィルター(TV版)』



 はや、このタイトルだけで説明の余地はないと思うんですけど、もう、辛いんですよ。あまりに残虐な殺人事件とか、その手のニュースも見てらんないんですよ、ボク。


 かにニュース性が高いからといってもさ(たぶん警察発表だと思うけれど)「殺した人の手を切り落として、植木鉢に差して、その後にカラースプレーで染めた…」って、報道発表して、そしてそれを全国のお茶の間に、しかも、小さな子供だってみてるのに、そのまま規制もなく垂れ流すニュースの『意義はなんだろうな?』と、疑問に思いませんか?




 例えば、自殺報道に関してもこういう現状をご存じだろうか?


自殺について報道することで、自殺が群発することが過去に起きている。

そのため、WHOによって自殺報道についてのガイドラインが作成されている(WHOによる自殺予防の手引き)。

しかし日本のマスコミにおいては、例えば「遺書を報道してはいけない」、「自殺方法について詳しく報道してはならない」、「自殺の原因について単純化して報じてはいけない」などのガイドラインが守られていない現状であり、自殺連鎖を防ぐために早急な対策が必要であるが成されていない。(ウィキペディア「自殺」より抜粋)




 の現実をみても、更には最近のヤラセのニュースをみても、社会に対する倫理観などの自主規制がまったく作用しない現在のメディアの体質では、もはや自分で「積極的にみない・チャンネルをかえる」ということを強いられるのが実状です。



 かも、世界は縦横無尽なネットワークによって以前にも増して繋がり、日々、狭く小さなものへとなっているので、地球の裏側で起きた出来事もその日のうちにニュースに流れる時代になりました。

 
 しかし、それは同時に、今までは見なくても・知らなくても済んだことまで見聞きする環境が整ったことを意味することを、もっとメディアに関わる人は意識した方が良いと思います。


---


 存じのように、パソコンのインターネットはチャイルド対策のひとつとして、『暴力・セックス』などのフィルタをかけることで閲覧できなくなる設定が可能になっています。


 そろそろテレビもデジタル化に移行するのであれば、こういう設定も可能にしてくれないかな、と思う次第なのですが、いかがでしょうか?




posted by 石山城 at 17:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん。欲しいほしい。
特に私なんかには必要です。

なぜかって?

イヤだいやだ!と思いながら
真相は?
どういう気もちでやったのか?

加害者の立場、
時には被害者の立場で
物を考えすぎるところがある。

そうなってしまうと
もう
他人事ではなくなり

自分だったら・・・
とか

自分も沈んでしまったり
理解しようとすればするほど
自分も壊れてしまう。

積極的に見ないこと
積極的に関わらないこと

これ大切

Posted by がりたっぱ at 2007年05月18日 15:22
>がりたっぱさん

コメント感謝!!

情報過多の時代には、
がりさんの書いたように

「積極的に見ないこと
 積極的に関わらないこと…」

という姿勢が大事ですよね。


こんなふうに自分でメディアの受け方をコントロールすることが、
「メディア・リテラシー」
っていうことなんだとボクは思っています。



あとね、今、N○Kが
「テレビを買っているということは〜〜〜〜こういうことを了承していることと同義」として、
強制的に受信料を国民に請求しようとしているけれど、

だったら、
N○Kが写らないっていう選択肢も与えるべきだし、
あれこれウルサイこというなら、
今はパソコンでテレビがみられるワンセグの時代なんだから、
【モニタは要るけど、テレビは要らねぇー】
って、ボクなんかは思っちゃいます。

あぁ、また長文レスで、失礼 m(_ _)m
Posted by 石山城 at 2007年05月18日 18:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。