| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年06月10日

浜田省吾の新曲と彼のブログ

 を隠そう、ボクは高校1年のときに付き合っていた彼女の影響で、浜田省吾の曲を聴いて以来、彼のファンだったりする。

- - -

彼独特の声と…、
節回しと…、
詩やメロディーで創造された彼の世界観に…

当時のボクはすぐに魅了され、
ギターで何度も何度も歌ったものだ。

思えばずいぶんとそのおかげで、
いわゆるオイシイ思いができた。


そういう理由で、
ボクの青春時代と浜田省吾は切っても切れない。



それから、かれこれ25年。。。。早いなぁー。


あ、あと、ハマショーで思い出すエピソードとして、
六本木のロシアンパブに初めていったときも、
なぜか「ハラショー(万歳)」っていうロシア語だけは知っていた。



そうそう、今回はこんなことを書きたかったわけではない。


本題。

6/8 彼のニューシングルが発売されたんだけれど、
それを記念して、
Yahoo!のジオログに彼のブログが立ち上がったということと、
今回のそのニューシングル「I am a father」という曲と
そのPVが観ることができて、とても良かったよ、
ということを書きたかったんである。


今回のニューシングルのタイトルは「I am a father」。

世のお父さんたちへの応援ソングになってて泣けます。
ボクはまだお父さんじゃないけれど。。。

そして、特筆すべきはそのPVでは、
時任三郎が主役のミニムービー仕立てになってるってこと。

もしかしたらYahoo!ユーザーじゃないと
観ることが出来ないサービスなのかも知れないけれど、
是非ともメイキングムービーもあるので上のリンクから観て頂きたいなーと。



まぁ、浜田省吾といえば、好きな人はめっぽう好き。
でも、琴線に触れない人はまるで……

というカテゴライズされるアーティストだと個人的に思うけれど、
まぁ、そんな難しい話は抜きに、
今回の「お父さん応援ソング」は、
別に聞かせ節系もないしメロディアスなもんでもない。

そう、いわゆる浜田省吾好きにはたまらない
ど真ん中の、彼独特のロックだ。



1フレーズ聞いただけで彼の楽曲とわかる。

それが、彼のファンを掴んで離さない彼の魅力なんだと思う。


女心と秋の空並みに移ろいやすいこの時代の中で、
陳腐化されるどころかますます円熟味を増す彼の活動に、
いちファンとして心からの御礼と
今後の変わらぬ活躍を期待したい。


ということで、4年ぶりのコンサートが9月から始まるらしいが、
今からとても待ち遠しい気持ちでいっぱいである。


I'll be a fatherとして。

---
浜田省吾〜公式ブログ〜
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/i_am_a_father2005

I am a father ビデオクリップ紹介など...
http://hamadashogo.yahoo.co.jp/





posted by 石山城 at 05:49 | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。