| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年06月05日

本日のアイデアフラッシュ…3『コンシェルジュ・サービス』

【雑誌ネット】カテゴリ別雑誌一覧【雑誌ネット】カテゴリ別雑誌一覧【e】

 こ最近、ホテルに限らず『コンシェルジュ・サービス』がウケてるんだそうですね。先日のテレ東のWBSでは美容室や企業向け保険のコンシェルジュなどが紹介されているのを見ました。

 らゆるモノやサービスが、細分化・専門家された、情報化社会とモノあまり社会では、自分にピッタリとマッチするモノやサービスが見つけられずに、購買意識が低いのではなく、買いたい物が見つけられないだけの『ショッピング・ロスト』に陥っている人が多いのではないかとも思えます。

 いうことで、今回採り上げている出版業界も、ボクらが想像しているよりも遙かに速いスピードで“失速”している業界のひとつと言われているけれど、本屋の入口に“あなたにピッタリの本や雑誌をお探しいたします”というコンシェルジュ・サービスを設けたらどうだろうか?と、ふと思いつきました。(既にあったのならゴメンなさい)



 しくは、リンクを貼らせて貰った『雑誌ネット』さんも、供給サイドの便宜上分けられた『カテゴリ一覧』でリスト化するのではなく、『性別や年齢、どんな気分? じっくり読む? どんなテーマ?』など、あらゆる選択肢をクリックしていくと、次々にリアルタイムで雑誌の表紙サンプルをリスト化してくれるデータベースだって、作ろうと思ったらできるはずだと思うがいかがでしょう?


- - -
参考リンク:

 ・雑誌ネット(zassi.net)
 ・日経プレスリリース『コンシェルジュ』検索
 ・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)
 ・(社)日本雑誌協会
  >マガジンデータ >読者構成データ

- - -
過去参考記事:

 ・本日のアイデアフラッシュ…1
 ・本日のアイデアフラッシュ…2



posted by 石山城 at 07:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それいい!
いつも書店に行くと迷いすぎてどれを買ったらいいのか分からなくなる。
挙句に、買わないで帰ってしまうことも。

このアイデアに、「今のあなたの心理テスト」機能がついていて「あなたにはこの本が必要」と教えてくれるような。。。

また「仕事別」や「趣味別」機能がついてて「今陥っているストレスや状況」を把握してくれて「はい!この本!」って言うの。。。


最高だよね。
Posted by がりたっぱ at 2007年06月05日 16:08
失礼!失礼。

既に記事最後部分に、書いてありました。

最後まできちんと読んでからコメントするようにします。


・・・はい。本日の反省
Posted by がりたっぱ at 2007年06月05日 16:12
コメントありがとうございます。

ただ、書店の入口でコンシェルジュ・サービスを専門職として雇い入れるためには、コストと売上のバランスがキープできるか?ということが最大のネックでしょうね。

であれば、小さな書店なら店主が、そして大きな書店ならフロアを任されるようなマネージャークラスがーーー、

『ブックコンシェルジュ(なんでもお気軽にご相談下さい)』と、わかりやすいワッペンを貼るとか、そういうユニフォームを着るとか、、、


ーーーそういうことになるんだと思います。


でも、記事後半のデータベースというシステム導入で解決できるものは、取り入れていくべきだと思いますけど。それも、図書館にあるような無味乾燥なデータベース……という意味ではないインターフェイスの、ね。

Posted by 石山>がりたっぱさん at 2007年06月05日 16:34
これ良いアイデアですね。業種を問わず求められるサービスでしょうね。ショッピング・ロストという言葉も言い得て妙です。欲しい物だらけなのにどれが良いのかわからないから買わないというマーケット心理は確実に掘り起こしアプローチするに値します。参考になりました。
Posted by SUGA at 2007年06月05日 16:56
海外では、「Personal Shopper」というものがありますが、本屋にあると便利ですね!

私は、コラムを読むのが好きだけど、いざ本屋に足を運ぶと、誰の本を買ったらいいのか分からない。仕方なく「帯」や「お勧め」を見て出会う時もあるけれど、同じ著者が続けていいコラムを書くとは限らないのが悩み。

誰のコラムが面白くて読んでいきたいか…
そんな時に、「○○氏の■■を読んで面白かったので、このカンジで他にお勧めないですか?」と相談出来たらいいなぁ〜。

そうえいば、Amazonで購入すると、「この本を買った人はこんな本も買っています」とあるので、便利ですが、本屋でこれやってくれるとこは、日本にはなさそうですね。
Posted by 茉莉亜 at 2007年06月05日 18:16
ご無沙汰してます!
いいですね〜こういうサービス。
本屋にいっても、携帯からamazonのその機能使って、探したりします。
ただなんとな〜く本が欲しい日が困るんですよね、何を検索かけてみようか?とか考えちゃって。
まっ、そういう時は結局本屋をさまよって何となくで見つけるんですけど。


お店側としては、膨大な書籍(しかもジャンルが幅広いし)からニーズにあったものを選び出すのはかなりの知識が求められそうですね…f^_^;
Posted by しーな at 2007年06月05日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。