| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月30日

せめぎ合いの現場を支えるプロ意識と、神様の種類

 クは『せめぎ合いの現場』が好き。


 その反対側にあるのは『馴れ合いの現場』とか『予定調和の現場』なのかなと思う。

 新規のクライアントさんや新しいプロジェクトでは、それぞれの立場の人たちが参集し、それぞれの立場で、同じ目的を持って、せめぎ合う。

 ときには激論を交わすこともあるだろうし、事前の根回しも必要かも知れないし、根気強くこれでもかと嫌気がさすほどの時間をかけた説明も必要かも知れない。


 も、それはそれぞれの立場で、最高の技術や、ノウハウや、そういうものを結集させた、よい仕事をしたいから『せめぎ合う』のである。



 して、そのせめぎ合いの現場を根底で支えるのは、それぞれの立場の人たちひとりひとりが持つ『プロ意識』でないかとボクは思う。


 そういう現場は、本音を書けばとてもツラいけれどボクは好き。 
- - -

■神様の種類:


 も一転して、そのせめぎ合いの現場が、どこかの少数派の利権を守るための目的ーーー社会的な意味合いとしてネガティブな…という意味ーーーだったりすると、命がけで参画してきた協力関係者たちにとっては、とても不幸なプロジェクトになる。


 更に、それだけで済まなくて、ややもすると、イヤイヤ付き合った挙げ句に、後に犯罪に荷担していることもあるし……とまでは大袈裟だけれど、気がついたら自分が「あぁ、あの失敗した人たちね」という大勢にグルーピングされたりするので注意が必要である。



 様には、幸福を呼ぶ神様や、死に神など…、いろんな神様がいるので、たしかに、お客様は神様だけれど、自分にとって、社会にとって、どんな神様であるのかを契約の前にもう一度確認することも大事なのかなーと思ったりする。



- - -
【ビジネス・コーチング】カテゴリー内記事リストを見てみる


posted by 石山城 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。