| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年06月21日

情報の食物連鎖とアルファ・ブロガーの行く末

情報の食物連鎖*ホームページを作る人のネタ帳情報の食物連鎖*ホームページを作る人のネタ帳【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
 在、国内でアクセスを集めるアルファ・ブロガーたちと、そこを目指す人たちの、情報のヒエラルキー関係を「情報の食物連鎖」とネーミングしているセンスは、とても面白いし、よい例えです。(いただきました 笑)

 で、そこでボクなりのコメントを書かせてもらったので、備忘録として下記にその内容を加筆して流し込み保存しておきます。

 
- - -

■『情報の食物連鎖』の言い換えを考える



 クも情報を扱う仕事に携わるひとりとして「情報の食物連鎖」というネーミングと表現は、なかなか面白い発想で勉強になりました。いつも貴重な情報ありがとうございます。>ホームページを作る人のネタ帳のYamadaさん^^


(ちなみに、いつもボクが使わせていただいている画像サムネイル付きのリンク貼り付けの技術は、Yamadaさんが作られた【e】サイトパレットというサービスです)



 て、余談ながら、ボクは現在のブログの在り方や企画…という点において、情報の「DJ」という例えもあちこちでしていたりします。



 DJという仕事はご存じのように自分で作詞や作曲を専門とするのではなく、既存の楽曲を、今までになかった関連性でカテゴライズし、そして序列を付けて、魅せていくこと…で、付加価値を創造している職業です。


 また、そういう意味においては、「セレクト・ショップ」と呼ぶのもアリかなと思っていて、前述のDJもセレクトショップも、その独自のカテゴライズコンセプトや演出方法が周囲に認められれば、今度はオリジナル展開が可能になるのは言うまでもなく、まるで現在のアルファ・ブロガーと呼ばれる方々ととても似ているなぁーと思っているところです。


 更には、彼らは世界中のCDショップやお店やサイトなどを、日々、情報収集している姿もまるで同じで似ていると感じています。


- - -

■『ボクが一番知りたいこと』と『ブログを取り巻く国内の現状』


 かしながら、ボクが一番に注目しているのは、現在、アルファ・ブロガーと呼ばれている人たちも、また、そこを目指している人たちでも構いませんが、彼らは「その先には、なにがしたいのか?」ということです。



 注目を集める優越感でしょうか?


 広告ビジネスと連携し
 アフェリエイトによるビジネス化でしょうか?


 出版化して有名になることでしょうか?



 現在、様々な様子が見て取れますが、で、その先は「どうしたいんだろう?」「どうなっていくんだろう?」という姿が、ボクにはまだ見えていないのです。


 いうのも、一部ではよく知られていることですが、アフェリエイトシステムなどのブログを取り巻くビジネス環境は、まだまだ国内では未発達であり、ビジネスモデルとしては、ブロガーが億万長者になり得ることはとても難しい環境といわれています。



 その環境の中で、収益性の高いモデルを構築するためには、本業として…、コンサルティング会社やウェブサイトの制作会社を経営しているとか…という、【確実にビジネスに直結する何か】を持っていることが不可欠であり、そういう意味では、本業のビジネスを全うするためのプロモーション活動の一環(リード)的要素がまだ高いということがほとんどではないでしょうか。


- - -

 いやいや…、誰もが億万長者になりたいわけでも、ビジネスとして取り組みたいわけじゃないから…ということも、もちろんボクは理解していますが、ボクが注目しているのは、前述の通りアルファ・ブロガーと呼ばれる方たちと、またそこを目指している方たち…のことなので、誤解の無いように。




■厳しい現実


 ボクの知る限りにおいて…ーーーという前提を外すことはできずに書きますがーーー日本のビジネスをリードしているといわれるビジネス界において、アルファ・ブロガーや、そこを取り仕切るコンサルティング会社でも個人でも構いませんが、そういう方々が、ビジネスとして食い込んでいる現状は、今のところあまり例がないような気がします。


 例えば、広告業界であれば各々のマーケティングセクションや、それなりのプランナーや、またそれなりの名の通ったコンサルティング会社が、そういう仕事を一手に引き受けてビジネスが回っているし、その他の企業も、似たような現状ではないかと思います。



 もちろん『web2.0』や『セカンドライフ』など、いわゆる社会的にも注目を集めるカテゴリーの言葉の世界では、それなりに各社が注目をしているのも現実ですが、一歩、ビジネス(つまりお金の絡む)の話しになった場合には(本当にボクの知る限りでは…ですが)、アルファ・ブロガーの誰々を招き入れて…という流れには、まだなっていませんし、もしあったとしても、とても少ない例だと思います。


- - -


 このような現状を踏まえたうえで、これからのアルファ・ブロガーや、またそこを目指す人たちは、どこに向かうのでしょう。


 ボクは興味深く、注意深く、見守りたいと思います。


- - -

 余談ですが、「アルファ・ブロガーの現状と行く末…」という、カテゴリーで、世界中の現状と国内の現状をまとめ上げる……というのも、なにか新しい切り口でビジネスの匂いもしなくもありませんね(笑)

 

- - -
■参考リンク:

 ・情報の食物連鎖(ホームページを作る人のネタ帳)

■その他の『デジタル・PC・インターネット』カテゴリーをみてみる


posted by 石山城 at 15:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしとります。
隠れイシヤマニアとして見ております

アルファブロガーなど、最近のブログにまつわるムーブメントを当時の裏原宿のムーブメントと重ね合わせてワタシは見ておりました

それこそ《好きだから》というモチベーションのみで当人たちはやってるんだけど、時代にマッチして注目されてカリスマ化した・・・ってゆー当時の様相と同じなのかなと

そして、当時も黎明期は当初からビジネスでいかに成功してやろうかと志してるひとたちはあまりいなかったのかなってゆーのも似てるよな気がします。(後発組は完全にそれですが)

ってゆーことで、バイブルエックス(アルファブロガー編)を期待しております!!
Posted by m & n at 2007年06月22日 13:42
発見!Clustr Mapsなぞついてたりして…
そろそろ、ISHIYAgramのnew ver.も見せてくださいね。

よい週末を^^

追記:来月からは、黒い石山さんの到来でしょうねw
Posted by とと at 2007年06月22日 14:45
すいません。。しばしごぶさたしてしまいました・・orz

ちょっとずつ変化するisiyamania!!

その変化を楽しみにしております。。

バイブルエックス(アルファブロガー編)<絶対買いますね。。
Posted by V2(えん) at 2007年06月24日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。