| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月03日

『選択肢のある不幸』を考える

 存じのように、先進国・日本に住むボクたちには、あらゆる自由と選択肢が与えられています。


 れは職業選択の自由であったり、宗教の選択の自由だったりするのはもちろん、最近では、技術の向上によって、テレビのチャンネルだって、CSを含めれば数百になるだろうし、携帯電話だって電話に出る前から番号と名前が表示されるので、“電話にでない”という選択肢まで増えて、それらの選択肢が増えることは、ボクらを、より便利で、より豊かな暮らしへと導いているといわれています。

- - -



 しかし、選択肢が増えることは、同時に「選択肢の中からどれかを選ぶ能力」や、「選択肢のひとつひとつを理解する能力」を、否応なくボクらに求められることを意味することを、ボクらは忘れがちじゃないでしょうか。


 わかりやすい例えを出すならば、携帯電話の多種多様な契約メニューの違いを理解するぐらい、それは面倒で、うざったいことーーーと思ってるのはボクだけじゃないはずーーーのひとつになっているように。



 更に皮肉なことに、このような選択肢に迫られる機会は、日を追う毎に…、技術が進歩するほどに…、サービスが充実してくればしてくるほどに…、増えていて、既に、選択能力や理解能力のキャパを超えた人たちにとっては「たくさん選択肢が存在するがゆえに、ひとつも選べない・選びたくない」という、選択肢を選ぶ人がでていることを、サービスに関わるボクたちは知るべきだと思う。


- - -

 れからの時代は「こんなにいろんなものから選べますよ」というサービスの多様化による充実を図るのではなく、「うちにはコレとコレしかありません」という、サービスを簡素化しながら充実させてゆく方向性も必要なんじゃないかと思うのです。


 クは行動心理学者や社会心理学者ではないので詳しいことは分からないけれど、本来、選択肢が増えることは人間にとって幸せなことであるはずなのに、ある一定のボリュームを超えた段階で、不幸になってしまう…というような、パラドクスが発生しているような気がします。


 


posted by 石山城 at 04:24 | Comment(4) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選択肢が増える一方、何を選択するかのセンス
そして、選択するタイミング
そして、何よりもその選択が正しいかを
見極めること…コレって本当に難しい。

利便性の豊かさと、怠慢を間違える人も
多くなっているかと思います。

連絡の手段が沢山増えた今でこそ、
メールや電話で済まさずに、
きちんと対面して、伝えることを
面倒と思ったり…。


もちろん、こう書いている私も
日々忘れがちなのですがね(苦笑)

石山さんの今日の日記で
またまた、自分の改心すべき点みつけました。

いつも楽しく読ませてもらっています。
これからも宜しくです。

追伸:くれぐれもアレルギーには最大の注意を!
   心配ですから>_<
Posted by とと at 2007年07月03日 16:17
いつもながらですがホントその通りですね。
「ウチにはこれしかない」って言う
所謂、「餃子屋」「牛タン屋」「ラーメン屋」が生き延びているのもその理由ではないかと思います。
私の好きなアーティストが言ってました。
「頑固にひとつの事だけ極める重要さ」
こんな世の中だからこそ重要に思えるのか知れませんね。
Posted by あgりたっぱ at 2007年07月03日 17:29
とてもいい記事ですね。
勝手にトラバ貼らせて頂きました。
いつもいい記事ありがとうね。
Posted by ドラビゾン純恵 at 2007年07月03日 19:44
>ととさん

いつもコメントありがとうございます。

要はなんでもかんでも
「バランス感覚」っていうことなんでしょうけれど、
時代や場所などの環境に適合したバランス感覚って
むずかしいですよね。

知らず知らずのうちに、
自律神経がやられてしまいそうなほど
変化しているのが現代のような気がします^^



>ドラビゾン純恵さん

トラックバック報告ありがとうございます。
役に立ったようでなによりです^^

Posted by 石山城 at 2007年07月10日 14:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

選択肢が多いのは。
Excerpt: これは実弟ブログの記事であります。詳しくはこちらを見ていただくとしてとってもいい記事だとチラッとご紹介いたします。 選択肢が増えることは、同時に「選択肢の中からどれかを選ぶ能力」や、「選択肢のひとつ..
Weblog: ドラビゾン純恵ブログ「Sumie-Smile」:翻訳?英会話?起業?子育て?…日々の奮闘を綴る
Tracked: 2007-07-03 19:39

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。