| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月03日

本日のアレルギー『こいつが犯人か!』

 の春先からなんか調子悪りぃなーと思っていた、トラブルの原因は、ボクの予想もしていなかったモノにアレルギー反応していたからだったと、昨夜、確定。

 なんだよー、お前が犯人かよ!!

 - - -

■意外な落とし穴



 答えを先に書きます。



 ボクの肌を春先から悩ませていた元凶は、


 ギターを弾くために右手に付けていた
 スカルプチャーでした。





■趣味のギターが原因


 まぁ、いきなりこんなことを書き出しても、事情を知らない人はまったくチンプンカンプンだと思うので、順を追って説明します。


 ボクは今年の初め頃から、押尾コータローっていうギタリストにハマって、2月ぐらいから彼の楽譜も買ってコピーをするようになったのがそもそもの始まり。


 ボクはもともとギター少年だったということもあり、取っつきやすかったというのもあるけれど、なによりも彼の伴奏とメロディーとリズムを「せーの」で演奏してしまうプレイスタイルにすっかり魅了されたのだ。



 そして、彼の押尾奏法とまで言われるプレイを真似るためには、右手にスカルプチャー(つけ爪)が不可欠ということを知り、ボクは早速スカルプ・キットを買ってきて、自分の右手に装着し、更に、凝り性のボクは「右手にスカルプチャー」というブログも起ち上げたり、自分のプレイをYouTubeに公開したり…っていう趣味も広げていたんですよ。


- - -

 でもね、最初のうちはなんともなかったんだけれど、そのうちに右手の指先まわりが赤く腫れ上がってきたり、敏感になって痛くなってきたりしたんです。


 そして、「花粉症でもないのに、目が痒いし、目ヤニや涙が出まくり…。そんな人いませんか?」(5/27/2007)の記事にも書いてあるけれど、目のまわりが痒くなってきたり、汗疹(あせも)みたいのがカラダにではじめたりと、アトピーを克服してからと言うもの、調子が良かったボクの肌にトラブルが増えていったんです。


- - -


 今回、このスカルプチャーがボクのこれらのトラブルのすべての元凶だと判明したのは実は昨夜。


 「ボクのスカルプチャー・トラブルの原因がやっとわかりました」(右手にスカルプチャー)にも書いたけれど、前回の指先の調子が悪くなってからの1ヶ月間、ボクはスカルプをしていなかったんですが、また、回復してきたのでもう大丈夫だろうと久しぶりにスカルプを装着して数時間後のこと。




 みるみる指先は赤く腫れ上がり、過敏に痛くなってきて、それはまさに爪の周囲が指先に食い込んでいくような感覚に襲われたことから、



■これは間違いない、犯人はコイツだ!


 と直感的に確信したボクは、ネットで「スカルプ」「トラブル」「アレルギー」などで調べてみたら、出てくる出てくる……。


 

 どうやら犯人はスカルプチャーを作るときに使うリキッドにボクのアレルギーが反応したようです。



 ご存じの方も多いと思いますが、スカルプチャーとはもともと歯科医が歯のツメモノにつかう材料を使って、筆先にリキッド(液体)を染み込ませ、粉末を溶かして爪に整形していくもので、たしかに、あの独特の歯医者さんのような臭いもするものです。

(そもそも爪の形をしたプラスチックのチップを付けるつけ爪とはちょっと違い、これはネイル・オン・チップと言います)




 
 で、約1ヶ月ぶりにスカルプを付けているそばから、なんとなく身体にうまく表現できない違和感を感じながらも、まさかそれが原因とは疑っていないボクは、久しぶりに思い切りギターを演奏していたんですよ。



 そして、数時間が経過してみると、指先ジンジン、真っ赤に腫れて…という具合になったと。



■因果関係を紐解いてみる


 ネットであれこれ調べてみると「リキッドの臭いですらやられる人」や「材料の粉末にも反応する人」もいるみたいで、そう考えると、


スカルプチャーを付けている指先で、日常的に目をこすったり、身体をかいたりしているうちに、どんどんボクのアレルギーは広がっていった…と考えれば、すべての辻褄が合うことがわかりました。




 ましてや、アトピっこにとって、本来は爪を伸ばすのは御法度な上に、自分のアレルゲン物質をつけている爪でこすっていたのであれば、被害が広がっていくことは想像に難しくない。



 でもさー、知らないよね。こんなものでアレルギーが出ちゃう可能性があるなんて。



■「払拭されたその他の懸念」という光明



 前回、これと同じような症状が出たときにはーーー

 「指先にばい菌でも入ったのかな?」

 「なにかの感染症になったか?」

 「目が痒かったり、ちょっとアレルギーがでてるのは花粉症か?黄砂か?」

 「それともアトピー再発かよ??」などなど…


ーーーあらぬ心配に悩まされたが、これで一気に解決である。




- -

 とは言うものの、これでスカルプでカチカチに堅くした爪先で、ギターを気持ちよく『シャラ〜〜〜〜〜〜〜ン♪』と、かき鳴らすことが不可能になった事実は、我ながらけっこう痛い。


 かといって、他のギタリストたちがやっているような瞬間接着剤を用いて爪を強化するのは気が引けるし、いやはや困ったものではあるが、取り急ぎ、治すことが先決。


 
 『押尾コータロー奏法とスカルプチャー』と『アレルギー』とは、一見なんの繋がりも無さそうに見えるけれど、人生、どこに落とし穴があるか分からないものであるので注意が必要ってコトだよね。


 アレルギーを持ったギタリストはご注意されたし。


- - -
関連記事・ブログ:

「右手にスカルプチャー」
「押尾コータロー全楽曲リスト」
「YouTube:石山城ページ」

- - -

・その他の「アトピー克服への道」をみる。


タグ:アトピー
posted by 石山城 at 16:30 | Comment(4) | TrackBack(1) | *Atopy / アトピー克服の道| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうでしたか?
それはそれは原因が分かったのはよかったのですが。
ギターを弾けないのはちょっと。

アレルギーで無い人には理解しがたい物はあるけれど私が恐れているのは「ビールアレルギー」これがもし私の身に起こったならば多分、城さんのスカルプチャーアレルギーの気持ちに相当します。

毎朝。8時には筋トレ。11時に休憩。午後からちょこっと仕事して。17:00に飲み始め。21:00に就寝。5:00起床。

こんな生活、ありがたくさせてもらっています。
Posted by がりたっぱ at 2007年07月03日 17:38
茉莉亜です。今、Amyに説明し終わったとこ。
- - -
Hey, Joe... You poor little(big) thing...
I have no allergy to the nail salons but I know some people do. Aah...poor thing.

It must be such an irritatiing to not to play the guitar where the weather in Tokyo is getting better each day...

So... why not we arrange some good vacation in Hawai'i where you will be freee from any itches.

Call you tonight on Skype, OK?
Posted by Amy W/茉莉亜 at 2007年07月03日 18:34
一度は目の前でプレイしてもらいたいと願ってやまないイシヤマニアの一人としてとても残念です。

うちのカミさんは金属アレルギーで、知らずに触れているとそりゃーもーヒドイ状態になるんですが、そんなカンジでしょーか?くれぐれもお大事にしてください。

あっちのブログでもYouTubeでも、また楽しげにギタープレイしている石山さんを一日でも早くみられるのを楽しみにしておりますですよ。
Posted by ys at 2007年07月04日 15:40
>おーる

お陰様で峠は越えたようです。
本日、より詳しい状況を知るために病院にも行きます。

しかし、この原因がわからずに症状だけ見たら、
なんぞ、ヤバめの病気のように見えてしまう…
『見た目の辛さ』が一番気になりますね。


爪が汚い男性って、
個人的にあまり好きじゃないので…
Posted by 石山城 at 2007年07月10日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ボクのスカルプチャー・トラブルの原因がやっとわかりました。
Excerpt: 6月7日の日記に書いているように、ボクはスカルプチャーを付けはじめてからというもの、右手の爪のまわりが赤く腫れ上がり、ちょっと痛みを感じるようになったので、しばらく装着していなかったんだけれど、ここ..
Weblog: 右手にスカルプチャー / 目指せ押尾コータロー奏法
Tracked: 2007-07-03 16:37

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。