| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月03日

「危機にさらされて初めて芽生える危機意識」を考える

天漢日乗: 留学生10万人計画の行き着いた先 中国人女子就学生が風俗営業経営で逮捕されるまで  天漢日乗: 留学生10万人計画の行き着いた先 中国人女子就学生が風俗営業経営で逮捕されるまで  【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
 つもRSSリーダーに登録して拝読させて貰っている天漢日乗さんのこの記事にトラックバック&ひとこと。

  事によれば、語学留学で来日したはずの中国からの留学生が、なんとこともあろうに風俗店を経営して、この度、捕まった…というニュースを受けて、83年に当時の中曽根政権が打ち出した「留学生受け入れ10万人計画」は、こんな余波も生んだよ…というものと要約できると思うのですが、ボクはこんな風に考えました。誤解を恐れずに書いてみます。

 - - -

 、日本はあらゆるところで「平和ボケ・危機意識の低さ」が起因すると思われる現象がとても目に付いているのも、ひとつの事実としてあると思います。


 に、ここ最近のニュースに目を通してみても、政府や大企業やメディアなども、もはや100%鵜呑みに信用することもできず「自己責任の時代」と叫ばれるようになってからもずいぶんと久しいですよね。


 という背景を踏まえて、誤解を恐れずに逆説的に考えれば、こんな考え方はできないでしょうか。


 日常的に、ある程度の危機に晒されている方が、人間の自己防衛本能が働き、結果的に、より平和が保てるようになるのではないか…と。



- - -

 ょっと話はそれてしまうかも知れませんが、歩きタバコの危険性も、悪質な不法な路上駐車も、さんざん事前にモラルに訴えたキャンペーンは実施されたにもかかわらず、悲しいかな実際には【厳しい取り締まりと罰金】という危険(リスク)が実施されて初めて功を奏し始めたということがあります。


 こんなことを考えてみても、人間という生き物は、絶えず【目の前にある危機】を意識せずには、自らの行動を自制できない特性があるのかも知れない、ということをボクはこの記事を読んで感じたんです。



 また、あの911のテロ事件以降をみても、公共の場における不審物や不審者にも、ボクらは意識を向けるようになりましたが、それ以前は、まるで意識すらしなかったのはボクだけではないはずです。


 

 今、国際化社会とかいろんな文化や社会が入り乱れ、かつてでは想像もできなかったような犯罪が増えているのも事実ですが、いつも隣には犯罪や危険があることは海外では当たり前ですし、むしろ、自分のバックを席に置き去りにしたまま平気でトイレに席を立つ日本のような国のような存在の方が希なのです。


 だからといって犯罪やテロを容認しているわけではなくて、撲滅していく努力はもちろん必要だとボクも思っています。

 
 でも、「危機を0にする行為」と「危機は0なはずと思って過ごす行為」は別物で、今こそ、ボクらは危機を避けるだけでなく、「そこにあるものだという前提で過ごす意識改革」が必要で、それは、企業におけるリスクマネジメントもまったく同じだとボクは思います。


 危機は確実にそこにあるし、なくなることはないんです。



 


posted by 石山城 at 17:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>自分のバックを席に置き去りにしたまま平気でトイレに席を立つ

あり得ませんね。
とか言ってる私もヤラかしました。

「日本は安全。財布を落としても見つかる国!」と、
100%安心したままに、久しぶりの東京で傘を盗まれ、shockでした。

どこの国に居ても、自分の身は自分で守らなきゃいけないんですね…。

>日常的に、ある程度の危機に晒されている方が、人間の自己防衛本能が働き、結果的に、より平和が保てるようになる

同感しました。
N.Yに住む友達曰く、ちょっとでも田舎に
いったもんなら、N.Yに戻った時に怖いって
思うみたいです。
Posted by 茉莉亜 at 2007年07月03日 18:39
>茉莉亜さん

いつもコメントありがとうございます。

米国のように銃の驚異に晒されながら
日常を過ごすのが普通の社会だとも思わないけれど、
「悪いことをしている人・しようと思っている人が、ひとりも居ないはず」
…と思って過ごすことも
これまた異常ってことですよね

Posted by 石山城 at 2007年07月10日 14:22
怖い記事を発見しました。

「土用の丑の日」も危険な香りでいっぱいですね。

あぁ、とうとう、本格的に国産・無農薬食品を
重視する日がやってきたのかな?と思わされます。

*うなぎに大腸菌、検査強化アピール
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2007071100428&m=rss
Posted by とと at 2007年07月11日 17:07
ととさんのリンク怖すぎです。
土用の丑の日のうなぎはオアズケとしましょう。

- - -
■Health food maker promotes "China-Free" products
http://www.reuters.com/article/healthNews/idUSN0618941720070706

…とうとうチャイナ・フリーっていう言葉が生まれましたね。

Posted by 石山城 at 2007年07月11日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。