| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2004年08月19日

最近のブログやインターネットにおける情報メディアをみての一考察

 つて、情報を整理するのに使っていた京大式カードを、ちょっとした用事で引っ張り出す機会があってつらつらと眺めていたところ、常々ボクが感じていたことが1990.9.10付け自分のメモから出てきたので備忘録としてここに書いておきます。

【知のエディターシップ】

「自分自身がどれくらい独創的であるかは、さして問題ではない。

  持っている知識をいかなる組み合わせで、

   どういう序列で並べるかが緊要時なのである」


       --「思考の整理学」外山滋比古 著/ちくま文庫 - -


 今さら言うまでもないことかも知れないけれど、いかに新しいことを知るか?ということも、もちろん大事ではあるんだけれど、問題は、「いかにあらゆる情報を自分の中で並び替えられるか?」ということが大事ということ。


 もっと言っちゃうと、問題はエディトリアルなスキルだし、それが言い換えれば、今、ビジネス社会に求められる「企画力」なんだと思うし、それを成立させるためのロジカル・シンキングだし、それを生み出すためのポジティブ・シンキングなんだと思うわけで、、、、全部、バラバラなんかじゃない、、ってこと。


posted by 石山城 at 17:52 | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。