| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月11日

新人研修と思しき街頭アンケートに答えたときの一考察

 日、ふらふらと渋谷の街を歩いていたら、たぶん新人研修と思われる、見るからにフレッシュマンに「アンケートお願いできませんか」と懇願された。

 不憫に思ったボクは「ちょっとの時間だったらいいよ」とOKしたんだけれど、最後の最後に、「それ、ないぜ?」って感じたことを少し。

 - - -

 そのアンケートは保険に関するもので、当然、フレッシュマンと思しき彼は某生命保険会社の名刺を、教育研修宜しくさっと出して、ボクの入っている保険について、あれこれと質問をしていく…というものでした。


 この時期、フレッシュマンにしてみれば、社内の教育期間もそろそろ実地研修にシフトする頃合いなのも薄々察知したボクは、彼からの質問に答えつつも、「〜〜〜保険は今年何人採用したの?」とか、「この研修期間はいつまで続くの?」などなど…、

 
 「コイツに聞くのは逆にウゼェーなぁー」


 …と、彼はボクに思ったに違いないが、まぁ、これも社会研修なのである(笑)いろんな客が居るってことです。




 で、そろそろアンケートも終盤にさしかかり、最後のツメに入ったところで、彼はボクにこう切り出して、ボクは自分の耳を疑った。




「ご協力有り難うございました

つきましては、本日、私が間違いなくアンケートを行ったという証しとして、あなたの氏名、住所、年齢、職業、電話番号、メールアドレスを細かく書いて、ここにサインくれませんか?」





はぁ?




- - -

 に聞くところによれば、この署名欄にボクがサインしないと、彼が本当に街頭アンケートをしたと会社側に認めてもらえないんだそうだ。



 なんと不憫な…。


 細は省くけれど、会社側の意図するさまざまな思惑も理解できなくもないですよ。


 でもさー、個人情報がこれほどシビアになっている昨今、ボクはこの会社の神経を疑いましたよ。


 幸いにもボクはその保険会社を利用していないのだけれど、少なくとも、これから先、ボクはこの会社の保険に入ることはないだろうな。



 る気に満ちあふれた、ピカピカのフレッシュマンそのものの彼は、自分のしているその行為が、どういう意味を持っているのかを知らずに無邪気にボクに懇願するのである。


 捨て猫のような目で…。




 ボクは、彼のこの境遇にある種の不憫さを感じずにはいられませんでした。



 けっこう、大手の保険会社なのに、こういう研修をさせるのか…と、ちょっと残念。



- - -

 もちろんボクは「残念だけれど、署名はできないよ」と、時間もなかったので、それだけを丁寧に言ってその場を離れましたが。




posted by 石山城 at 16:43 | Comment(5) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、ととです。

凄いですね。
でも、大手企業のとんでもないやり方に
準じている担当者なら、やりかねない
手段かも…。

ちょっと違うかもしれませんが…
(いくら交通省から許可を得ていたとしても)
勝手に道ばたで撮影をしている中、
渡ろうと思ったら、突然横断を止められるような
撮影クルーを思い出しました。


コレもかなり迷惑だと思うんですよね。
公道ですよ、だって。

なんで、渡っちゃイケナイの?
なんで、コッチが撮影にあわせなきゃイケナイの?

- - -
この研修君に協力している石山さんが、かいま見れます。
Posted by とと at 2007年07月11日 17:00
某外壁工事の会社、ぱっとなんやらリアさんの営業は、

『いまなら、キャンペーンでいつもの
○○割引でこうじをうんぬん』との営業、

しかしうちは大工が同級生なので原価も聞かされておりもちろんお断り。

すると・・・

『すいません、じゃぁ会社に営業に来たという証拠に電話をかけますので、
電話貸してください!!』

これだけ携帯が普及してる世の中で
勝手に来て、断った相手になんで
うちの電話貸すの??

ちなみに去年の話です。

何があってもそこの会社には頼む気がしませんねぇ。。なんでそんな事するのでしょうか?????
Posted by V2えん at 2007年07月11日 18:03
ととさんの例も、えんちゃんの例も、【仕事だから】っていう大義名分のフィルターがかかっちゃうと盲目になっちゃう現象だよねー。

職場のオーダーやルールに疑問を持たないこと、ノーを言わせない会社の体質、パワハラ、職を失うと生活が困る…などなど、結構根は深く複雑な問題だよね。
Posted by 石山 at 2007年07月11日 18:20
石山さんこんにちは。私のブログ(DG&ibex:パーセプション・ギャップ)へのご訪問をありがとうございます。今日、コメントを貰っていたのに気づき、返事をさせてもらいました。

石山さんは同業者のご様子、今後とも宜しくお願い申し上げます。と同時に、私の「ロゴナンバー」に興味を持ってくれたら嬉しいです。
Posted by chisato at 2007年07月14日 23:59
改めましてこんにちは。

いつも楽しくパーセプション・ギャップを拝読させていただいていると同時に、NYでのレポートをいつも参考にさせていただいております。ありがとうございます。

さて、石井さんのロゴナンバーについても、もちろん、既にとても興味深く拝読させていただいており、一度、ボクの浅学非才ではありますが、ひとつの記事としてまとめてしっかり書かせていただければなぁ…と思っているところでした。

今後とも宜しくお願い申し上げます。
ボクもご迷惑でなければ、また足跡コメントを書きに参りたいと思っています^^
Posted by 石山>chisato(石井千里)さん at 2007年07月26日 12:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。