| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年07月21日

カバンの中身 2

bag002.jpg 前回に引き続きパート2。

 *また、前回の記事に久しぶりにトラックバックをしてくれたしーなちゃんや、いつものわきさんのところにトラックバック。

以前の「京ポン(AH-K3001)買った、繋いでみた」でも書いているけれど、約10年使っていたauからWILLCOM(PHS)AH-K30010Vに変えた。


auの長期継続契約割引の権利を失うのはとてももったいなかったし、関係者に番号変更の通知作業をするのはとても面倒くさいので、番号ポータビリティーの開始まで待とうかとも思ったけれど、ボクの場合以下の理由で変更に踏み切った。


・そろそろPowerBookを持ち歩くMOBILER生活から脱却したかった。
 >この端末で普段使っているメールのチェックやウェブブラウジングが可能。


・基本料のみで同じWILLCOM同士なら通話がかけ放題。また、携帯電話や一般電話への料金も割安である。
 >やっぱり、頻繁に電話をする相手といえば、家族や恋人(今は傷心中だけど)など、決まった相手が圧倒的に多いわけで、今回はそういう人たちをほぼ全員巻き込んでの作戦だった。


・通信料金の節約。
 >携帯電話代、NTT一般電話の料金、プロバイダー料金、更にMOBILE用PHS(AIR H" USB 128K)の通信料金、海外との電話代などなど、改めて考えれば、本当にボクひとりだけで使っているのか?と思うほどそのコストは膨らむばかり。そこで、せめて携帯電話代とMOBILE用PHS料金は一本化しようと思い立った。*余談だけれど、SKYPEも有効利用、と。

 通信速度は32Kと今までの128Kと比べれば断然落ちるけれど、本格的作業をする場合は、回線速度の速い場所(自宅など)でやれば問題はないはずだ。



・普段からデジカメを持ち歩いている。
 >AH-K30010Vについているカメラ機能は、今まで使っていた携帯電話のカメラとは比べものにならないほどお粗末なシロモノだけれど、ほぼ使わないだろうと結論。


と、書き出せばキリがないけれど、こんな理由です。


あと補足で書けば、パソコンを介して既存の約500件のアドレスデータのやりとりも比較的スムースである、という点が大きかったかも。*これが全部手作業だったら購入には至るはずもない。

わきさんとこにも書いてあるけれど、WILLCOMは他社キャリアからのデータ移行サービスをやったら、もっとユーザーが増えると思うんだけれど。

- - -

使ってみてまだ一ヶ月にもみたないけれど使ってみた感じを書けば、やっぱり都心でも地下に入っちゃうと電波が弱いっていう弱さは正直ある。

だけど、1分1秒を争うような仕事をしているわけでもないので、別に気にならない。電波が届かないときにはちゃんと留守番電話サービスに加入して、こまめにチェックしてれば問題はないはずだし、待ち合わせなどでは、電波の状態を確認するという配慮をしてればこれもまた問題なし。それは、一般の携帯電話でも同じ。


どうでもいーけど、待ち合わせしててちょっと時間に余裕があるからといって、圏外の場所に行っちゃうよーな無神経な相手とは、あまり交流を深めたいとは思わないなぁー。やっぱり、「ここなら電波入るかしらん?」と考えが及ぶ人とボクはお友達になりたい。

まぁいいや。

ちなみに、書いていて最後に思いついたんだけれど、基本的に携帯電話はズボンの右前ポケットに入れてるので、正確にはバッグの中身にはない(笑)まぁいいか。

で、家にいるとき以外はほぼ100%マナーモードです。


- - -
■他のカバンの中身シリーズをみる■

 カバンの中身 4
 カバンの中身 3
 カバンの中身 2
 カバンの中身 1


posted by 石山城 at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。