| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年08月12日

今回の選挙を考える 1

 今回の選挙戦では、「刺客」、「死んでも郵政民営化する」など、まるで戦乱の時代を彷彿とさせるような言葉が目立ちます

 ということで、選挙や政治にまつわる言葉を調べてみました。


- - -

『政治は血を流さない戦争であり、戦争は血を流す政治である』……毛沢東


よくよく考えてみれば、
政治って戦争なんですよね。そもそもが。



そう考えると、
戦時中に漏れ聞こえる情報のすべては、
なにかしらのフィルターがかかっているのが世の常。

今、ボクたちがテレビのニュースを鵜呑みにして、
一喜一憂しちゃダメだということだよね。


そして、続けてこんな言葉も思い出しました。


「一人殺せば殺人で百人殺せば英雄だ」……チャップリン
  *映画「殺人狂時代」ラスト近くの有名なセリフ


どこの党とは言わないけれど、
今回の選挙がきっかけで消滅しちゃうような気がしてなりません。

頑張って下さい。


posted by 石山城 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。