| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年10月16日

ボクが仕事に求めるたった4つのこと

1.その担当者個人を信用できるかどうか
  (企業名や資本金などの大きさは無関係)

2.そこに自分なりの面白さをどうやったら見いだせるかどうか
  (ボクが関わる意味を見いだせるかどうか)

3.それはどうしたら実現可能かどうか
  (誰を巻き込めば、何があれば、実現可能か?)

4.その費用と報酬の収支
  (お金、時間、体力などを含めたすべて)- - -
 クがひとの話しを聞くときに考えているのはこの4つだけです。逆説的に書けば、これらのうち1つも含まないことはビジネススタンスで考えず『ボクの趣味』として受け止めています。(よくよく話しを聞くとそういうお話しはたくさんあるものです)

 う、複雑な世の中においては、自分の思考回路は可能な限りシンプル&ミニマムなヤツが一番強いし精神衛生上も楽な処世術ではないかとボクは思っています。

 して、あらためて書くまでもありませんが、これはすべてボク自身(うちの会社)への問いかけでありすべての方に適合する考え方ではないことも知っています。

 また、ボクがクライアントに対して考える最優先事項はたったひとつしかありません。それは『具体的な成果や効果』であり、そこに大人の都合を含めた言い訳の余地は与えません。これを信条としています。


posted by 石山城 at 14:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。