| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年08月26日

トラックバック禁止2

 前回の話の続き。

 えーっとね、ボクだってエロサイトを運営する知人が居ないわけじゃないし、エロサイトをまったく見たことがないわけじゃぁない
というよりむしろ・・・

ボクの知っているエロサイトを運営する知人は、その黎明期から仕掛けて大もうけした人だったりするし、ボクはどちらかと言うと、いやいや、どちらかというとと言うより、間違いなくボクは本来はドスケベで健全な男性だったりもする。


でもさ、
前回の「トラックバック禁止」という記事を書いた直後にもかかわらず、その直後にエロサイトからトラックバックが来るっていうのもーーまぁどうせ何かの法則に則って機械的にやってるんだろうけれどもーーorz。


ボクがトラックバックについて考えるボクなりの法則っていうのも、以前、本日の「私流トラックバックマナー」でも書いたんだけれど、初めての場所へトラバるときも、臆することなく、遠慮せずに、積極的に、活用すべきだと思っているし、そういう自由闊達さこそがネット社会ならではの良さなんじゃないかと思っている。


また一方で、エロサイトからトラバが絶えないっていう状況は、見方を変えれば、それだけ反響があると思われる場所に仕掛けているんだろうから、「それも人気のバロメーターなんじゃないか?」っていう意見もあろうかと思う。

でも、今、ボクのこのサイトは日に数万アクセスあるわけでもないし、そういう意味ではまったくそんなターゲットになるような場所じゃないのに、「よりによってこんな細々とやってる場所をいじめないでくれよ〜!」と思うわけです。


そうでなくとも、今、なんやかんやが一気に押し寄せてきていて精神的に参ってる時に、

「【モ○だしサイトさん】からトラックバックがありました」

というメールを受け取るのは、とってもしんどいし、正直、萎える。

フニャフニャだ。



同様に、これも何回も書いているけれど、

「お世話になっております」
「先日の件について」
「その後どうなりましたか?」


・・・などという、ビジネスメールのようなタイトルの、その手のメールもボクの心をヘロヘロ(エロエロではない)に萎えさせる。


ボクは、極めてまっとうで、できるだけ正直に生きることを志している人間だと自分では思っているし、仕事だって自分なりに一所懸命、精一杯、しかも、適正価格で行っているとも思っている。「嘘をついてはいけないよ」という家訓だってしっかり守っているつもりだ。


だから、どうか、これ以上、いじめないでくれまいか?
 >関係ない記事にエロ系トラックバックする人たちへ




- - -
(注意):エロテロリスト「インリン・オブ・ジョイトイ」からトラックバックが来た場合は、その限りではない。


posted by 石山城 at 20:07 | Comment(1) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ご無沙汰しております。遅くなりました。」というタイトルでメールを送りつけ続ける、高級セレブ在籍のサポートクラブ『パーフェクション』さん。

ボクはお宅たちの世話になったこともないし、ご無沙汰もしてないし、最初からなにごとも始まっていないので、なにごとも遅くなりようもないのだ。

トラバってるわきさんも書いているように、本来の目的は男たちを奮い立たせてナンボなのに、ヘロヘロに萎えさせてどうする?

独り寝が死にたいほどイヤで、どうしようもなく寂しいことだってあるさ。

でも、この類のメールに誘われて「無料登録」をしてみようと思ったことは一度たりともないし、今後もないだろう。

もし、どうしようもなくなって(むにゃむにゃに…)おかしくなっちゃうような事態になったんであれば、いっそ風俗に行った方がマシだとすら思う。

ちなみに、「もしこのメールがご迷惑なようでしたら、このメールをそのまま返信下さい」という口車に乗って送信したとしたら、その後はどーなっちゃうのか?


別に、思慮分別の付く大人なのだから、いちいち目くじらを立てる方がおかしいというご意見もあろうかと思うが、ここ最近のやり放題っぷりったら、そろそろ本格的に社会的に対応をしなくちゃならないんじゃないの?と思う次第。

もう、これ以上、萎えさせないでくれ。
100円ぐらいだったら払うから。
Posted by 石山城(自己レス失礼) at 2005年08月27日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スパムに萎える最大の理由
Excerpt: 石山城さんちのここ(本日の「トラックバック禁止2」)読んでてね。 >正直、萎える。 >フニャフニャだ。 >ボクの心をヘロヘロ(エロエロではない)に萎えさせる。 ってところね。 これわかるよ。
Weblog: "フリー*プランナーというお仕事について"の日々の雑記帳
Tracked: 2005-08-26 22:25

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。