| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年11月02日

ネクストソサエティーを体験する(1)

 のドラッガーによれば、未来は【エコノミー(経済)】ではなく、【ソサエティ(社会)】の変化こそ着目すべきとのことですが、ここ最近、ボクもこれを痛感する出来事が多いのでちょっと書いてみます。(参考:ネクストソサエティー)- - -

■すべてがフラットな関係性


 ちょっと手前味噌になっちゃうんですが、ボクは今年の4月から趣味のギターに特化したブログ【右手にスカルプチャー】っていうのを運営しているんだけれど、そこを通じて交流させてもらっている方々っていうのがですね、なんていうか、ホント、大袈裟じゃなくて、今までボクがプライベートやビジネスで知り合った人たちとは、明らかに関係性が違う形で結びつきあっている、なんとも不思議な縁なんですよ…ってことをここで紹介させていただきたいのです。


 今まで、人と人の交流というのは、オン・オフにかかわらず、年齢だったり、社会的ステイタスだったり、収入だったり、性別だったり…という、あらゆるヒエラルキー要素を含んだものたちによって支えられてきたコミュニケーションだと思うんです。


 分かり易く言えば、「村社会の延長線上のコミュニケーション」とでもいいましょうか。


 でもね、ボクがインターネットを初めてネットコミュニケーションに関わるようになって、薄々感じていたことがあるんですが、このギターブログをやるようになって確実に実感したんですよ。




 これからは、こういうフラットな関係性社会が、なんらかの大きなパワーを産み出して行くであろうってことが。



 元を辿れば「ギター好き」が集まった、いわゆる同じ趣味を持つだけの人間たちの集合体というだけかもしれないけれど、いや、それだけに留まっていないのですよ、今の、コミュニティーは。



 正直に書くと、そのコミュニティの中でビジネスだって多少発生してるし、友情だって生まれているし、なんていうんでしょう、IT(情報革命)によって生まれたフラットな関係性が、ボクの日々生き甲斐にもなっているし、楽しみにもなっているし、これはもしかしたら、とてもつもない輪のど真ん中にいるような、、うまく言えませんが、そんな予感を感じているのです。



 

 たぶん、こういう「人の輪」は、かつて人類が経験したことがない「社会」であることは今さらボクが言うまでもないんでしょうが、実体験としてその中に身を置いているボクとしては、ものすごいたくさんの人のエネルギーの渦中にいることが実感できます。



 大事なことは、ボクがリーダーじゃないし、誰が偉いわけでもないっていう「フラットな関係性の社会」っていうことね。くどいけれど。



 これこそがドラッガーが言っているネクスト・ソサエティの一端なのかなーなんて、、、、いったい、なにを書いているのか自分でもわかってないんだけれど、数字だけ見ても、日々のアクセスログやページビューだけでは測れない、バックヤードでやりとりされるメールや電話や、リアルな交流を伴った「社会(繋がり:連帯感)」は、確実に成立しています。



 とはいえ、「すべてはプロセス」なので、今後、どのようなソサエティになっていくのかはボクすら知らないところではあるんですが、しかしながら、たかが1日数千のアクセスでさえ成立しているボクのブログでこれなのだから、ボクなんかよりももっともっと実感しているブロガーはたくさんいるはずなんです。



 その結果として、アフェリエイトで……などという、ありきたりなビジネスやお金の話しにすることはまったくボクはヤボだと思っているので考えていないのですが、相互扶助の精神が機能する、第三者だけの集合体っていう塊は、今後の21世紀の人類を語る上で、なにか大きなヒントとなるような気がしてなりません。


 いや、ただそれだけなんだけれど(笑)


- - -
■参考リンク

 ・右手にスカルプチャー
 (ボクの30年ぶりにハマったアコースティック・ギター日記)


posted by 石山城 at 16:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あーそれすっごく分かる気する。
クチではなんて言ってても、結局ヒエラルキーの中じゃないと生きられない...ヒエラルキーがないと居心地が悪いって人たちがいて...
実社会でも、ネット上でもね。
時々、ふっと、とっても疲れます。

でも、そうじゃない人たちが居たり、そうじゃない繋がりがあるところを見ると、
また元気になれますよ。
Posted by w at 2007年11月03日 00:58
右スカからリンクで来ましたYo-Heyです。
最初は趣味の世界に生きるオジサマかと思ってましたが、本家ブログのバックグラウンドを知れば知るほどいろんなことが繋がっていて深いのですね。リスペクト!
Posted by Yo-Hey at 2007年11月08日 10:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『繋がる・広がる・アコギの輪~右手にスカルプチャー第2ステージ~』
Excerpt: なんだか知らないけど、『今、アコギがキテる』。いや、『アコギがアツい』と言ってもいい。 そう、世の中、アコギ・ブームなのだよ。(ボクの周りだけだと思うけど(笑) ってことで、カッコ良く言えば..
Weblog: 右手にスカルプチャー(アコースティックギター日記)
Tracked: 2007-11-07 14:15

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。