| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年06月25日

勘違い甚だしい、芸人と番組制作サイド

「東京ダイナマイト」の結婚発表 ミクシィで「オフレコ破り」(news.livedoor)

 なにを勘違いしてるんだろ、この芸人は。

 かに観客にオフレコをお願いした収録であったとしても、生放送でもない(「ごきげんよう」の収録だったらしい)し、そんな事情は出演者と放送局側の勝手な都合であって、そんなものを強制されて収録現場に観客はそもそも行っていないのであって、それをミクシィでバラされたからといって怒るのは勘違い甚だしい。 クは東京ダイナマイトなるタレントは知らないけれど、そもそも「収録放送で発表」という貧乏くさい発表の仕方ではなく、自分の名前で記者会見を開き、結婚発表をできるようになってから怒れ、とボクは言いたいし、二重、三重の意味でこの人は勘違い。

- - -


 ボクは思うのだけれど、この書き込みをしたミクシィのユーザのコメント欄は炎上し、結果的に退会に追い込まれてしまったらしいけれど、むしろ被害者はこの人なんだとさえ思う。


 口止めされていたけれど、ちょろっと言ってしまいたくなるのが人ってもんだし、ましてやテレビの収録現場での出来事であれば、言ってしまいたくなる気持ちも尚更であろう。

 今は、ブログやミクシィなど、ひとりひとりがメディアであり、世界中に情報を発信できる時代なのだ…という認識が足りずに今回の事件が起きたのであって、反省しなければならないのは、この芸人と番組制作サイドではないかとボクは思う。
- - -
石山城ブログはこちら

- - -
関連記事:

 ・ネタフルさん「東京ダイナマイト」松田大輔、結婚


posted by 石山城 at 21:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未だに「東京ダイナマイト」の金髪の方なのか、
はたまた、もう一人の方なのか分かりませんw
(調べるほどの興味もないので放っておいてるカンジですよ、まったく)

結婚報告って芸能人にとっては、
ある意味転機だったり、チャンスだったりするんだろうけど、
部外者に飛ぶ火の粉だけはかわいそうです。

>自分の名前で記者会見を開き、
>結婚発表をできるようになってから怒れ、とボクは言いたい
そう!まさに、その通りかと思いますよ。

ただ、他人に容赦なく火の粉を飛ばすのも
TV業界ならではかな、と。
こうして話題になって、知らなかったはずの私が
「東京ダイナマイトが芸人で、たけ氏の事務所な
んだ…」と知るわけですからねぇ。

でも、未だに興味が沸かないけどw
Posted by とと at 2007年06月26日 14:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。