| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月05日

日本の優秀な人材を狙え!…今がチャンスかもね。

中国が宇津木元日本代表監督引き抜き計画…ソフトボール livedoor スポーツ【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
中国が宇津木元日本代表監督引き抜き計画…ソフトボール  livedoor スポーツ 需要と供給のバランス…と言ってしまえばそれまでの話しかも知れないけれど、こういう財産を日本はどんどん放出して構わないのかなー。

 今年2007年を皮切りに、まだまだ若い大量の日本の定年退職者たちを、魅力的な一本釣りしていく海外市場は少なくないと思えるけれど。

 しかも、日本の優秀な定年退職者に限定した、海外からの斡旋事業っていうビジネスモデルも成立するかもね。土台としては、北京・上海などの大都市圏のネットワークと、、いや、大連なんかも、、、いや、詳細はわからないけれど、ともあれ、中国のビジネスネットワークの土台を持っていて、定年者たちを口説き落とせる優秀なハンターが何人か居れば、事業は成立するよね。

 製造業の技術はもとより、流通などのサービス業教育ができる機会と人材は、五輪や万博を控えた中国は、喉から手が出るほど欲しいだろうしね。


posted by 石山城 at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。