| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年07月20日

もう10年以上、トイレでいつも考えること…ボクの場合

もう10年以上、トイレでいつも考えること:小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird)もう10年以上、トイレでいつも考えること:小鳥ピヨピヨ(a cheeping little bird)【e】

 のリンク先の記事の中身は、「トイレに行くたびに、コレ、飲む人がいるんだよなー、コレ飲めるんならじゅうぶん健康なんじゃ?」って内容なのですが、ボクも似たようなことを、トイレに行くたびに、それこそ物心ついたときから考えてしまうことを今回は書いてみます。

 あまりにもくだらないので、興味のある人だけ(続きを読む)で。

 
- - -

 くクリックしていただけました。そんなアナタに感謝。


 で、ボクが幼い頃からトイレ(特に小の場合が多い)に行くたびに、つい過(よ)ぎってしまう思考回路の一端をご紹介いたします。


 

 れは、外出先でふと思ってしまうことが多いんですが、レストランなどで「ちょっと失礼…」と同席の方にひとこと交わしてトイレへ席を立ったようなケース。



 深い安堵感と共に放出されるボクのXXxX(自粛)…



 で、ようやく便器の『流す』ボタンを押して

 ボクのソレをしまい込むときに、
 必ずその雑念はボクを襲うのです。





 このまま…、出したまんまの姿で、


 何食わぬ顔をして席に戻ったら、


 店中がパニックになるだろーなー




 って。



 どうなっちゃうのかなー…って。





- - -


 間を42年やってますが、まだ一度もトライしたことはないのでどうか安心して欲しいのですが、これは、名前は忘れちゃったけれど、「コレ、やったらマズいよなー、マズいよなー…」って、思えば思いこむほど、やったあとの開放感を押さえられずにやってしまう、心身症のひとつだったと記憶しています。


 で、コレをやってしまって大惨事になったといわれるのが、片桐機長の逆噴射による日本航空羽田沖墜落事故だったよなーと、ふとこの記事を見たときに思い出しました。



 ういう意味では、ボクも、誰にも迷惑のかからない自宅のマンションのトイレで、早いうちにそのままの姿でリビングやキッチンに出て、思いっきり解放されてみる…という対処をしておいた方が良いかも知れませんね。


 独り暮らしなので誰に迷惑がかかるわけじゃないので、これなら安心ですが、カーテンは閉め切っておく必要はあるかも知れません。


 数は少ないと思いますが、このように考えてしまう同志がいたら、お互い気をつけましょうね。


- - -

■おまけ:


 その昔、ボクが遊び盛りの時、うちのオヤジはボクがモデルガンや空気銃で遊ぶことを絶対に許さなかったことを思い出しました。

 
 一度、クラスで大流行したときに、こっそり隠れて友だちのパワーアップ改造された空気銃(エア・ガン)を自宅に持ち帰って、自分の部屋で遊んでいたのをオヤジに見つかったことがあって、そりゃー袋だたきにボコボコにされたものです。(うちはバイオレンスなオヤジでした)


 で、そのときのオヤジ曰く、「そういうもので遊んでいると、そのうち、動いているモノを打ちたくなることを押さえられなくなるんだ!」というものだったんだけれど、袋だたきにする手法はともあれ、今、思えばそれは「なるほどなー」と思える説教ですね。


 現に、ボクはそれ以降、空気銃やモデルガンで遊ぶことをやめてしまったけれど、ボクの友だちたちは、どんどんエスカレートして近所のネコや雀(すずめ)などを狙うようになってたし。


 そう考えると、いかに「好奇心から…」という、いかにも幼稚で、純粋な、ちょっとした出来心でも、むやみに近寄ってはいけないモノやコトってたくさんあるもので、そういうものから子どもたちへ、適切な距離を保つことは大人の社会の義務なのかもしれません。



 オシッコ(書いちゃった)の話しから、最後は予想外に真面目な結論になっちゃいましたね(笑)


posted by 石山城 at 17:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりました。

私も時折、実際にコトを起こしたらヒジョーにマズイ
であろうという行動を起こしたくなることがあります。
ある程度まではグッと我慢出来るんですが、どうしても
ダメなときは…


カラオケボックスにてとても人様には聴かせられないような
内容の歌を歌いまくる。


…ようにしてます(笑)
Posted by 紅子 at 2007年07月23日 15:28
ご無沙汰しておりました。

私も時折どうしようもなくマズイコトを衝動的にしたくなるコト
がありますが、そういうときは

カラオケボックスにて人様にはとてもお聴かせ出来ないような
内容の歌を歌いまくる

ようにしています(笑)
我慢も大事ですが、他人に迷惑をかけないようにうまく
発散することも大事かな、と(笑)
Posted by 紅子 at 2007年07月23日 15:36
オレっちもこーゆーコトいっぱい過ぎるケド
絶対にやれないし、
且つ、ここにも書けない(w

自宅のキッチンで
フ○チンでハシャぐ
石山くんを想像しました。
Posted by もすら at 2007年07月23日 15:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。