| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2007年11月27日

日中韓の見本市ポータルサイト

 【日本・中国・韓国で最大級の見本市展示会総合ビジネスポータル】…こういう括りで情報をまとめることに付加価値が生まれる…という代表例ですよね。この手のサービスは、これから増えることはあっても減ることはないんでしょうね。(参考リンク


 談ですが、角川も「香港ウォーカー」を創刊しましたね。(参考リンク)隔週発売の日本円で200円ぐらいですね。

 ボクは個人的に「●●ウォーカー」という洗練された情報ではなく、当初のぴあのような【エンタメ情報はなんでもオールインワン】的なモノが先ず必要のような気がしますが。情報は一度網羅してから選別…が正しいと思う。


posted by 石山城 at 17:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、先日この本立ち読みしました。
玩具の記事で写真と本文が間違っていました。
校正にあたり各ジャンルの専門家がいないと
気付かないことなんだろうなって思いました。
まだ情報をかき集めただけに見えました。
WEB情報もチェックしている人には分かるけど
本のみの情報だと操作されそうな気もしたのは事実です。
(本屋を立ち去るときの感想でした)(^^ゞ
Posted by tamara at 2007年11月28日 19:57
つかぬことをお伺いしますが香港ウォーカーは日本でも入手可能なのですか?記事内容を読むと販売しているのは香港の現地で中国語なんですよね?15香港ドルって書いてあるし それともtamaraさんは香港の方?
Posted by ゴッツぁん at 2007年11月28日 22:39
ゴッツぁんさん、こんにちは。
いやいや、日本です。
改めて見たらこの本じゃなかったですね。表紙が似ていました。(前コメントは「香港ウォーカー」についてになってしまいますから訂正します)
ゴッツぁんさんに書いてもらわないと見直さなかったです。感謝です。
Posted by tamara at 2007年11月29日 15:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。