| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年09月26日

季節の変わり目はひと肌恋しい(韓国のお国柄)

heart.jpgひと肌が恋しい季節の到来です。

そんな異性の人肌が恋しい老若男女の方々に朗報!

これからの季節、紅葉狩り、買い物等人肌が恋しい季節です。そこで異性の人肌に出会う為に……、


危うくクリックしそうになりました。
最近のこの手のメールは、こちらの心を見透かしたような内容が怖い。
ほんと、油断できません。


さて、本当にすっかり秋めいてきた川崎地方ですが、
ボクも昨夜から羽毛布団を押入から引っ張り出し、
ちゃんとTシャツは着て、
窓は閉めて、寝るようにしました。


そういえば、おとなり韓国では、

秋は「男の季節
春は「女性の季節

なんだそうで、
そのシーズンに男女は、
各々「独特の寂しさを感じる季節」なんだとさ。


ということで、近々韓国に行って
「男のシーズンだから日本から来ました」
とか言おうかなーとも思いましたが、
ぶっとばさそうな気がするのでやめときます。
(↑この手の冗談は通じなさそうだし)

あとね、秋といえば秋雨前線の季節なので、
しとしとと雨が降ることが多いですよね。

そんな時、韓国ではなぜか「ジャージャー麺」を食べたり、
お店に行くと「チヂミ」のサービスがあったりします。

なんでなんでしょ?


現代の平賀源内じゃありませんが、
「雨が降ったらお団子が振る舞われ…」
なんていうムーブメントを仕掛けられれば、
甘党のボクにとっては
より充実した人生が送れそうでプチ嬉しい。

全国の和菓子メーカーの皆さん、仕事くれませんか?
※できれば、もう言い始めて数年が過ぎてますが「赤福」がいーなー。好きだから。


かなり昔、今は別れちゃったけど、
松方弘樹と仁科明子夫妻がトーク番組にでたときに言ってたんだけれど、

財布にはいつも200万円が入っていて、
毎日いくら使っても翌朝にはまた200万円入ってる……のように、

いくら毎日「赤福」を食べても、
翌日にはまたかならず赤福が届いている…


※もちろん、冷蔵庫はダメ。堅くなるから。

という生活に憧れます。


どうでもいいか。えぇ、ボクの独り言です。

というわけで、季節の変わり目なので、体調管理に気を付けましょう>オール

ボクの日々の健康日記はこちら


posted by 石山城 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 秋雨秋雨(あきさめ)とは、日本において9月中旬から下旬にかけて降る長雨のこと。秋の長雨、秋霖(しゅうりん)ともいう。夏から秋に季節が移り変わる際、大陸の冷たい高気圧が南下し、勢力の衰え始めた太平洋の暖..
Weblog: 日本の心-四季折々の風情を感じ...
Tracked: 2007-07-28 12:05

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。