| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2008年01月04日

新年のご挨拶 2008

明けましておめでとうございます。

 上京して単身生活をするようになり、更には自営業として独立してからというもの、『盆・暮れ・正月』という節目を感じることが少なくなりました。
 
 た、最近では温暖化の影響でしょうか、東北の田舎町で育ったボクにとって、雪を見ることのない違和感アリアリの正月にもすっかり慣れてしまい、益々もって季節感すら感じることが無くなってきたなぁーというのがボクの印象ですが、それでもこうして季節の挨拶を書いているので、やはり新年は来たのでしょう(笑)


 厄も終えたボクにとって2008年は、笑顔の絶えない一年でありよう、これまで以上に頑張っていこうと思っていますが、一応、新年一発目の記事ということで、簡単な今年の抱負などを書き綴ってみたいと思います。

- - -

 て、このホリデーシーズンのボクはといえば、可能な限り頭の使わないお笑い番組と、CSで映画三昧な日々を過ごしているんですが、ついこの間は、マイケル・ムーア監督の『ボウリング・フォー・コロンバイン』という映画を観ました。


 についてはボクが今さら説明の必要もないでしょうが、この映画も、彼らしく『アメリカの銃規制と、マスメディアの影響』について鋭く切り込んでいて、個人的にとても興味深く最後まで見入ってしまいました。


 まぁ、詳細はみてもらうこととして、ボクが特に心に刺さったのは、メディア…、特に、ニュース番組の情報素材として、よりインパクト性を追求するあまり…、

 
 その内容は『より過激なもの』へとシフトし過ぎたあまり、


 結果として…


 大衆の恐怖心や不安感ばかりを煽っているのではないか? 


 今の時代はそれらを煽るという手法のみが
 取りざたされ過ぎてやいまいか?


 これでいいのだろうか? 




 …というメッセージが、一応、広告・コミュニケーション業界の傍らにいるひとりとして、とても考えさせられました。


- - -

■『もうたくさん』な、イヤな情報


 月に書く内容じゃないかも知れないけれど、ボクも正直、ここ数年のニュース番組やマスコミの報道姿勢にはとても憤りを感じていたし、ダイレクトに感想を一言でいわせてもらうならば…、


ーーーもう惨殺極まりない殺人事件のニュースや、『あなたは大丈夫? 今、〜〜は、こんなに酷いんですよ』という恐怖心を煽るような番組には、思わずチャンネルを変えてしまいたいほどの嫌悪感を抱いていますーーー



■笑顔が笑顔を呼ぶプロモーション


 いうことで、せめてボクのまわりだけでも、ボクが発する情報だけでも、これからはそのような内容を書くのを自粛し、簡単にいえば、


 そんなに眉間にしわを寄せなくとも明日は来ますよ。


 明日もきっと笑えますよ。



 …というような明るい話題を提供できるように努めたいと、この新年の機会に思った次第です。



 まだ納まりそうもないサブプライム問題よりも、戦後レジュームの脱却よりも、ボクら普通に生活する人間にとって、明日も健康でいられることの方が関心が高いですし、眉間にしわを寄せながら生きるよりも、たとえバカバカしくとも、笑いながら今日を生きることの方が優先度は高いんじゃないかと思っています。



 後に、プランナーらしいことを書くのなら、これからの時代は、閉塞感に息が詰まりそうな現代社会に嫌気を感じ、吉本のお笑いブームじゃないけれど、エンターテイメント業界がさらに活況を呈する時代になるんじゃないかなと思います。



 『先行きが見えない不安よりも、目の前にあって見過ごされがちなちょっとした幸せの大切さ』




 2008年は、そんなことに目を向けていきたいと強く意識して過ごしたいと思っています。



 まぁ、それには日々のたゆまぬ努力も必要なんですけれど…(笑)




 ともあれ、今年もどうぞ皆さま宜しくお願い申し上げます。




2008年1月4日 

石山城 / ISHIYAMA Joe 


- - -
■関連記事リンク

 ・2007年年末Season's Greetings(石山城ブログ)
 ・2007年の新年の挨拶(石山城ブログ)
 ・2006年年末Season's Greetings(石山城ブログ)


posted by 石山城 at 19:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます!!

今年もよろしくお願いいたします!!

ちょっとした幸せ<

はい!僕も最近よく思います。。

原油高、温暖化、etc...

考えすぎるときりがない。。

自分の出来るだけのことはする。。

後は悩まない。

それよりも小さな楽しい幸せを探して

日々楽しむ。。そして皆が笑えるように。。そう思ってます。

ps.最近の趣味は軽いサイクリングです
。。(笑)続いてますよ!
Posted by v2(えん) at 2008年01月05日 00:42
Joeさん。
明けましておめでとうございます。
「後厄・終了」=実は僕も同じです(本当ですよ)。
つまらん一般情報なんか集めるより、実感のある身近なリアル情報を感知して"ポジティブ"に前進!!
今年も意識共有で、楽しい毎日のために一緒に走り回りましょうね。。。。。。Guen。
Posted by Guen Ray 武冨 at 2008年01月05日 09:18
城!本年もよろしく!
今年も往年からの”情熱の赤”で頑張ろう!

Posted by KAZU at 2008年01月07日 08:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。