| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2004年03月24日

北京探訪記

 つい先日、ボクは初めて北京に行ったんだけど、難しいことはとりあえず置いといて・・ボクが直感的に感じた印象を書きつづります。


- - -

 まず、故宮博物院と万里の長城の迫力に圧倒されたってこと。それは、迫力っていう意味では去年見てきたグランドキャニオンの比じゃなくて、グランドキャニオンは自然が勝手に作ったワケで、人が作ったという意味じゃまったく比べモノにならない感動を覚えたワケですよ。

 多分、ピラミッドも直接見たことはないからわからないけど、間違いなく同様の衝撃が走るんだと思う。

 
 でね、ボクが言いたいことはこんなことじゃなくてですね、(誤解を恐れずに書けば)「とかく、中国人はルールをまったく守らない無礼なヤツが多い」ってこと。例を挙げれば、交通ルールなんてお構いなしだし、他人が近くにいたって大声で話し続けてウルサイし…ってカンジと言われてるし、実際、ボクもそう感じたワケですよ。


 でもね、故宮博物院とか万里の長城とかを見て、なんとなく、それはそれで仕方がないような気がしてきたワケ。


 というのも、ほんの数十年前までは故宮博物院とか万里の長城を作ることだけに何百年、何千年と「命令に従うだけの時間」を費やしてきた大衆に、いきなり、自分でモノを考えて、行動して、周りを考えてルールを守れ、、なんて言われても、そりゃムリってもんじゃないか、と感じたワケですよ。


 だって、ひとりひとりが自分の頭で判断して選択する余地を与えられていたら、世界遺産でも世界一広いと言われる故宮博物院とか、全長6000キロはあると言われる万里の長城なんて好きこのんで作りえなかったワケで、しかも、その歴史は自分だけの世代のみならず、自分の親、自分、そして子、孫の世代までず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と作り続けていたような歴史があって完成されてる「建造物」を見て、ボクはそんなふうに感じたのでR。


 でも、今、中国はその永い眠りから時間は掛かったけど覚めたのよ。確実に。しかも、12億人がいっせいに。これは、世界的な規模で見ても驚異だと思う。


 とはいえ、溢れかえるほど海外からの旅行者が故宮博物院や人民広場へ集まってきているのに、信号もナシ、駐車場もナシ、という例を挙げるまでもなく、相変わらずの政府が圧倒的に権力を握り続けているような状態では簡単じゃないとは思う。


 いや、一斉に開放したらもう抑えが効かなくなることを懸念して、あえて政府が押さえつけている、、という見方も感じられなくもない。


 まぁ、とにかく、今の中国(特に上海と北京)は見ておいた方がいいと思うと感じまくりの中国紀行でした。


 ※ちなみに、ボクは2月から各週末毎を利用して上海、台北、香港&澳門、グアム(※これは遊び(笑))、北京を回ってきました。今後、4月にはソウル、ハワイ(※これも遊び(笑))に行く予定です。とにかく、噂通り、アジアはアツかった。


posted by 石山城 at 01:51 | TrackBack(0) | Private Photo / 本日の一枚| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。