| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2008年01月31日

中国製冷凍ギョーザ農薬混入のニュース。ボクはこう読む

FujiSankei Business i. 総合/中国製冷凍ギョーザ農薬混入10人中毒…JT23商品回収FujiSankei Business i. 総合/中国製冷凍ギョーザ農薬混入10人中毒…JT23商品回収【e】
はてなユーザーの評価 livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク
 クのブログは最近、中国の話題が多いので「中国バンザイ」をプロバガンダしている向きに見られがちなんだけれど、そうじゃないってことを一度書いておこうかな。

 クとしては、好きとか嫌いというレベルではなくて、単純に「そこにビジネスチャンスがあるから」という理由で、ボクのビジネスのベクトルは中国やアジアにむいているだけなんです。(あと、ボク個人が旅行好きっていうことも多少あるけれど…)


 いうことで、先日から国内で話題をさらっているこのニュースだけれど、ボクはこう思うんですよっていうことを備忘録的にまとめます。


- - -
■『中国製冷凍ギョーザ農薬混入』のニュースの読み方


 のニュースを、以前の『段ボール入り肉まん』なんかと同じニュアンスで受け止めて、『やっぱり中国製はダメだ』っていう結論になっている方もたくさんいらっしゃると思うんですが、ボクの着目する点は今回はそこじゃない。

 

 もちろん、製造現場のプロセスでこういう事故はもちろん許されるはずもない…っていうことは『当たり前』というレベルで書くわけだけれど、ボクが一番注目する点は…、



 ェイティフーズや親会社のJT、そして、日本生活協同組合連合会(生協)という発注元の【投げっぱなし発注の仕方】にこそ、その原因があるんじゃないか?ってことです。


 

 の事故を未然に防止する管理体制を含めた発注の仕方を変えない限り、【すべては下請け会社任せ】であることにはかわりはないし、

 ましてや、メイド・イン・チャイナの疑惑については、世界的な社会現象にまでなっているのに、なんら対策を講じてこなかったこれら日本企業の方が責任は重いのではないか?…とすらボクは感じて仕方がないのだけれど、どうでしょうかね?



 そう、すべては【下請け会社に投げっぱなし発注】という図式というかーーーボクは下請け会社っていう言葉自体、あまり好きではないんだけれど…ーーーこういう、かつての生産プロセスというか、ビジネスモデルっていうか、そういう発想を根こそぎ変えて取り組む時期に来ているんじゃないでしょうか。



 

 ・生産プロセスを管理する発注会社の人間は常駐していたのか?

 ・常駐していなかったのなら、どのぐらいの頻度でいままでそれは行われてきたのか?


 …こういう切り口で問題を解決しない限り、【すべての元凶は相手】というだけの、なんともお粗末な結論を繰り返すだけの堂々巡りじゃないか、と。



 そうこうしているうちに、中国・アジアの人件費や材料費が高騰しているので、日本企業としては採算割れして、商品を供給するすることすらできなくなってしまいますよ。(取引相手のクオリティは別の話で置いといて…ですが)



- - -
※注意:

 この事件が、誰か特定の悪意ある犯罪者による、未然に防ぎようのない事件であれば、この記事内容の限りではありません。その際は、お詫びいたします。


posted by 石山城 at 13:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと、「注意」以降の結果でないことを祈りたいです。

p.s. 城さん、元気にご活躍なのですね!
ご無沙汰しております!
Posted by TOMOKO at 2008年01月31日 21:20
飲食業界からの情報といたしましては、普段輸入している中国産の原料などはすさまじいほどのちぇっくが入りまくりで、知り合いの小さな企業では中国からの輸入をするのにとてつもない時間や手間がかかるそうです。。

が!大手メーカーだと、大手は信用できるという理由である程度スルー出来ることが多々あるそうで、なるべくしてなったんですよ!!

という話を今日聞きました。。

あくまで聞いた話ですがね・・
Posted by v2(えん) at 2008年02月01日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。