| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2008年03月10日

本日の独り言『同窓会』

 それぞれ思い出のウェートは違うと思うけれど、ボクの場合、田舎育ちっていうことも関係しているせいか、地元の学区制で区切られた幼稚園〜中学校っていう仲間たちとの交流が一番深い。

 で、昨日の日曜日、約30年ぶりっていう人たちも含めた上京組の同窓会が横浜で行われ、各々、最初の30分はその変わり果てた姿に違和感を感じつつ、時間の経過と共に【あぁ、やっぱり基本的にはボクらはあのときのままだ…】という独特の安堵感に包まれた楽しい時間を過ごしてきました。

- - -

 しかしなんですね、ボクらは昭和40年生まれの同窓生なんだけれど、なかには、もうそろそろ孫が生まれてもおかしくないっていう年齢の子供がいる人もいたり、バツあり、独身あり、大企業に就く者あり、自営業の者あり……と、ホント、世の中の人間模様の縮図を見るように、人生っていろいろなのだと感じるものですね、同窓会って。


 そして、ボクに限って言えば、ここ数年の激動っぷりで頭がいっぱいなせいで、過去の記憶なんてあまり思い出すことなく過ごしていたのに、彼らと話しを進めていくうちに、どんどん昔の記憶が思い出してきて、友だちが飼っていた犬の名前やら、親兄弟のことまで、次々に記憶が蘇ってくる不思議な感覚に襲われた。


 また、『城くんは元気にしてるの?って、お袋からたまに聞かれるよ』って、友だちのお母さんまで、ボクのことをいまだに話題にあげてもらっている話しなんかも聞くことができて、普段、ひとりで仕事に向かっていることが多く、いまだに独身でもあるしーーーけしてネガティブな意味じゃないけれどーーー孤独なことが多い最近のボクにとって、とても不思議な気持ちっていうか、ありがたい気持ちでいっぱいになった。



 っていうか、過去の自分って、ホント、他人ですね(笑)


 まわりのことはとても覚えているのに、自分が周囲に対してやってきたことなんて、まるで覚えてないの(笑)


 こうして、都合の悪いことはどんどん忘れていくからこそ、今日を、何事もなかったように生きていけるのが人間なんだと、あらためて痛感した(笑)



 最後に、今回の同窓会であらためて連絡先を交換してココを訪れてくれる友だちもたくさんいるだろうけれど、くれぐれも、ボクの過去の変なことはコメント欄に書かないようにお願い申し上げたいことと(笑)、今回の同窓会に尽力してくれたーーーあえて名前は伏せますがーーー数名の幹事の皆さんには心から感謝したい気持ちでいっぱいです。ありがとうね。


- - -
■追伸:

 「城君は、今、何しているの?」っていう質問が、こういう場合、一番面倒くさくて、どうしたものかといつも考えるんだけれど、やっぱり広告業界っていうかコンサルティング業界って複雑だし、特に最近は中国とのやりとりもかなり複雑っていうこともあって、『うん、広告屋』って端折って答えてしまったことをお許し下さいませませ。詳細はプロフィールでも読んで、っと(笑)


posted by 石山城 at 12:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>孤独なことが多い最近のボク
…なんですか???
Posted by 匿名きぼんぬ at 2008年03月10日 14:05
同窓会、羨ましいです。
成人式のときに集って以来、そういうものには縁がないわたしです。

でも、先日、妹がわたしの中学2,3年の時の担任の先生に偶然会ったらしく
先生はなんとわたしが北海道に行って先生になったことなどを知っていたらしいのです。
地元ならではの情報網でもあるのでしょうか?

妹が親切にも「旦那様の仕事で1年前までブラジルに行っていて、仕事もその前に辞めた」という新情報を提供してくれたらしいですが
わたしも先生に会いたいな〜って心から思いました。

誰か同窓会催してよーー

最後になってしまいましたが
ご無沙汰してました。
Posted by 朋子 at 2008年05月16日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。