| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年11月09日

鬱病セルフチェック

今週のinfoseek キーワードランキングをみてみたら、
注目キーワード特集として「病名ランキング」というものが目にとまった。

- - -

その病名ランキングの中でも特にボクの興味をひいたのは鬱病という病気です。


その記事によれば、
鬱病は日本人の15人に1人はかかる可能性があるんだとか。


そういえば、
ボクの周りでも「夜眠れない」とか「不安でしょうがない」とかいう話をよく耳にするし、
ボク自身についても正直に書けば、
「このままでは頭おかしくなちゃうな…」と思うことは別に珍しくないし、
もはや鬱病は現代人にとって特別な存在じゃないんじゃないかと常々感じていたんです。


ボクは自分の体に異変を感じたら、
積極的にマッサージに通ったり病院に足を運んだりする方なんですが、
それは、ボクが「マメな人間だから」という理由でもなんでもなくてむしろ逆で、



「何事も大事に至る前に処置した方が後々面倒くさくない」

…という究極の怠け者体質だからゆえ。


閑話休題。


鬱病をはじめとする精神的な病って、
よくよく考えれば、こんなにスピード化社会だったり情報化社会だったりと益々複雑化が進む現代で、
何の努力もせずに精神的健康を維持管理できる方がむしろ不思議なのかも知れないとさえ思える。


また、知人に以前聞いた話によれば、
病気や怪我で怖いのは、
精神的な病(やまい)が少なからず併発して、
どんどん病状が悪化するスパイラルに陥ることなんだとか。


そういう意味ではボクはアトピー性皮膚炎だったという過去の経験から、

「自分は綺麗な皮膚じゃない」→「汚い」→「他人に見せたくない」→「誰とも会いたくない」→「外出するのも億劫になる」→「もっと病気が悪化する」

…という、スパイラルに陥ったこともあるのでとても理解できる。



ボクはまだ足を運んだことはないけれども、
体調が悪ければ誰もが当たり前に病院に行くように、

いやいや、もっとシンプルに書けば、
怪我をしたらバンドエイドを貼るように、
お腹が空いたらご飯を食べるように、

精神的に自分で不安を感じたら、
もっと気軽に専門の精神科へ行くべきかも知れない。


ボクも次回そのような機会があれば行ってみるつもり。
ちょっとドキドキするけれど。



ということで、
冒頭の記事で紹介されていたリンク先にあった「心の病気のセルフチェック」を紹介します。


ボクは幸いにしてここ最近は安定した精神状態を保っているけれど油断は禁物。

ここ最近は特に急激に季節も変わりつつあるので、
体調管理もあわせて気を付けたいところですな。




posted by 石山城 at 13:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンク先のチェックやってみました。

結局どの項目にもチェック入れずに終わって
健康そのものみたいになっちゃったわけだけど、

殆どの項目は、
そういう状況をリアルに想像できる
それに近い状況になったことがある
わけで、
状況次第で...極度のストレスに曝されたりしたら
あっさり片っ端からチェック入れる状況になるかもなー
って思いましたよ。

人間ってけっこう簡単に壊れるんだよねー。
Posted by わき at 2005年11月09日 21:18
>人間ってけっこう簡単に壊れるんだよねー。

まったくもってその通りですよね。
っていうか、
すべてのものは絶妙なバランスの上に成立しているだけで、
なにかの拍子にあっという間に壊れちゃうようなもんかも?
って思い始めています。そう、すべてのもの。

本来ボクは喜怒哀楽が激しい方なので、
瞬間瞬間に変わっていくというか…(笑)

でも、年齢のせいか経験値によるモノなのかは知らないけれど、
あまり最近浮き沈みがなくなっちゃって、
凹むことも深く傷つくことも少なくなってきました。
慣れてきた…という方が正しいのか、
そもそも期待しなくなっちゃったから「あっ、そう」みたいにすべてを流せるようにイヤな大人になっちゃいました。

またそれと同時に、
涙を流すような感動も消え失せてしまいましたが…(笑)


本題:わきさんの最新の記事「夕暮れの首都高3号線」、良いですねー。なんか泣けてきます。
http://fpoblog.seesaa.net/article/9142921.html
Posted by 石山>わきさん at 2005年11月10日 02:35
>なんか泣けてきます。

泣くようなこと書いたっけ?オレ?

なんか感傷的になってきてる?
もしかして最近?

--

久しぶりに、英語に変換されたこのサイトを見て
わきって書くと
boillingってなっちゃうって知りました。

うーん。いい感じ。
でも、実は、そんな元気な人でもないので、
これからはwakiって書くようにします。
Posted by boillingって変換されるのでwakiって書く at 2005年11月10日 02:51
わきさん=沸きさん、なのですな。すげぇー笑った(笑)
でも、wakiって書くと、
ハワイのFM局みたいに見えるのも内緒(笑)

Mr.WAKI has boiling idea for communication who lives in Waikiki Hawaii.

いい加減なボクの英語でこう書くと、
とてもリッチに見えます。
Posted by 石山>boilling改めwakiさんへ at 2005年11月10日 03:10
>Mr.WAKI has boiling idea for communication who lives in Waikiki Hawaii.


あは!
ほんとにすっげーリッチな感じ。
Posted by boillingもいいなーと思い始めて、わきって書いてみる at 2005年11月10日 03:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。