| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年11月16日

韓国語?ハングル語?どっちが正しい?…その複雑怪奇な謎に迫る。

「9言語16講座」

何のことだか分かりますか?

答えはNHKで扱う語学講座の数である。

そして、その一覧をずらりと見ていて、ボクはふとあることに気づいた。


- - -

英語、中国語会話、フランス語会話、イタリア語会話、ロシア語会話、
ハングル講座、ドイツ語会話、スペイン語会話、アラビア語会話。


これら9言語の番組タイトルを見てなんとなく気づいただろうか?


そう、ハングル講座だけ
「〜〜語会話」という表記じゃなくて「〜〜講座」ということを。



それでは、その違和感のある「ハングル講座」を、
他の表記に合わせるとどのような表記になるかと考えてみる。


そうすると、「韓国語会話かな?」と直ぐに思い浮かぶけど、
それだと北朝鮮でも使ってる言語なので
「北朝鮮語会話じゃだめなのか?」というクレームが来そうだし、
「じゃぁ朝鮮語会話じゃだめなのか?」となると、
今度は差別用語に抵触するのかしないのかと面倒くさい。


ということで「ハングル講座」だけ「〜〜講座」なわけである。


それでは、今度はハングル講座に習って他を合わせてみる。

「ロシア語会話」は「キリル講座」に、
「中国語会話」は「漢字講座」になったりするわけで、
そうなると今度はもうどこの国の言葉なのか皆目見当が付かなくなる。


ということで「ハングル講座」だけ「〜〜講座」なわけである。
(copy and paste)


これらのことを踏まえて、
改めてNHK外国語会話のホームページを見て欲しい>これ

なんとなく「ハングル講座」だけ違和感がありますね?


でも、この違和感の理由が何であるかその答えがわかるまで、
ボクは正直しばらく時間を要した。



そして、よくよく考えればこの違和感のあるタイトルは、
即ち北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)韓国(大韓民国)の複雑な歴史そのもののような気がするし、
ボクを含めた日本人が民団朝鮮総連の違いをあまり知らないことぐらい複雑で深い問題だということが言えまいか。


これを読んでいる人に誤解を与えたくないのであえて書くけれど、
ボクは別に在日韓国人の方々や韓国の方々に何か意見があって書いているわけではない。

ただ、普段何となくテレビのチャンネルをひねると流れているNHKの外国語番組のタイトルが、よくよく考えればこんな背景があったんだなーと言うことが書きたかっただけである。

で、ボクは知らなかったぜ、と。



ボクはここ最近、ハングルを使う人たちとの交流が少なくないんだけれど、「これだけはあえて言っておきたい」と思うことがちょうどあったので良い機会だから書いてしまう。


それは、とある挨拶での出来事。


ハングルを使っているので「韓国の方ですか?」とボクが当たり前に尋ねれば、
「いいえ、私は北朝鮮です」という場合や、
「いいえ、私はハングルを使っていますが朝鮮族の中国人です」という場合があったりと、
……とっても複雑過ぎて、

話題が話題だけにーー挨拶ひとつで気分を害されるのもボクも嫌なのでーーこちらが軽い挨拶のつもりで「どこから来ましたか?」などと気軽に口にできないーー特別な神経を使っているーー日本人も居る、と言うことをどうか理解して頂きたい。


そして、もうひとつ。


日本人代表としてボクが書いているわけではないんだけれど、ボクが知る限り、いや、ボクのなんとなくの想像で書いてしまうんだけれども、、、、単一民族で、周囲を海で囲まれた島国であるボクたち日本人にとって、【陸続きで余所の国に、自分と同じ民族が、違う国籍を持っている状況】というのは、なかなか理解出来づらいということもどうか知って欲しいと思う。


この感覚は、世界的に見れば、日本的感覚が少数意見であることは理解している。
(同様に英国でも島国的感覚というのが有名ですな)

しかし、これはどちらかが間違っているから直さなければならないという類の問題ではないとボクは思うし、元を正せば、誰が正しくて誰が間違っているということはないんじゃないかともボクは思ったりする。

そもそも、みんな違う価値観で当たり前だと思ってるし。


問題は、各々違う価値観があるということを各々が認識して、歩み寄れることがあれば歩み寄れば良いし、歩み寄れない部分はそのまんまで良いんじゃないか、、、というのがボクの意見だ。(もちろん、地球的規模で取り組まなければならない環境問題や地球温暖化問題などもあるので、「すべてにおいてそうだ」という意味ではない)


- - -

NHKの「ハングル講座」というタイトルひとつで
ここまで話が広げられるとは思わなかった(笑)


ということで、改めてNHK WORLD -インターネットで聞く- を開いて、
右フレームにあるどれか言語をクリックして聞いて欲しい。
(英語、アラビア語、イタリア語、インドネシア語、ウルドゥ語、スウェーデン語、スペイン語、スワヒリ語、タイ語、中国語、ドイツ語、ハングル、ビルマ語、ヒンディ語、フランス語、ベトナム語、ペルシャ語、ベンガル語、ポルトガル語、マレー語、ロシア語…から選べる)



上記21言語のうち、ボクがなんとな〜く内容を理解できるのは英語とハングルだけで、
そして、何語か判別できるのが7言語。
その他はもはやどこの国の言葉であるかすら分からない(笑)


あぁ、やっぱり世界は広いのだ。


(どういう終わり方なのか…)

- - -

追記:

冒頭で書いた9言語16講座以外にもNHKでは「アジア語楽紀行」と題し、
「バリ・旅するインドネシア語」
「旅するタイ語」
「旅するベトナム語」
…などもイレギュラーでやっているようです。



posted by 石山城 at 05:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー!言われてみれば。

それはそうと、外国語はとにかくだめな私ですが、
「アジア語楽紀行」はたまにボケっと見てます。

だって、あの子かわいいんだもの。
Posted by わき at 2005年11月16日 12:17
>だって、あの子かわいいんだもの。

やっぱり、そういう見方ですか。
正しいです、ボクも同じです(笑)

で、インドネシアの子?、タイの子? それともベトナムの子かしらん?

勝手な推測だけれどタイ語のこの子じゃないかと。↓
http://www.nhk.or.jp/gogaku/kikou/thai/index.html

- - -

それにしても1つ2つ前のキャスティングの話だけれども、井川遥、仲根かすみ、吉岡美穂、北川えり、釈由美子などなど…、NHKの語学番組って、いつから女性タレント起用番組になったんでしょうね?

そういえば、その昔は一年を通して(通年)1講座だったような気がするけれど、いつの間にか6ヶ月1講座になってるような。。。


まぁ、なんにしても、「視聴者の裾野を広げる」という意味では功を奏しているんじゃないかと思いますよねー。

Posted by 石山>わきさん at 2005年11月16日 14:56
言われてみれば確かに。

またよらせてもらいます
Posted by グー at 2005年11月16日 19:28
そうなんですよ。
正式には、「アンニョンハシムニカ ハングル講座」だそうです。

テレビ講座の2002〜2004年度講師の小倉先生は、
「ハングルには、○○という文法があります」
みたいな説明をしていましたが、今年の先生は
「この言語には、○○という文法があります」
みたいな説明をして、絶対に韓国語とか朝鮮語とは言わないんですね。

この言語には・・・って聞いて、最初???っていう感じでしたが。

それと、半年間の講座になったのは2004年度からですよ。
アシスタントの女の子とか、使われるスキットによって、結構好き嫌いがあったりします。
Posted by tan at 2005年11月16日 23:00
>で、インドネシアの子?、タイの子? それともベトナムの子かしらん?

みんないいですね。
東南アジア系が好きなのかも。

...いや、でもやっぱり白ムチがいいんだけど。

きっと見た目より、
番組の中での雰囲気が好きなんですね。
Posted by わき at 2005年11月17日 00:55
>グーさん
 初めまして、ですよね?ここでは(笑)
 これからも宜しくです。

>tanくん
 さすがに押さえてまんな。^^
 嬉しいです。
 そろそろお互いに同胞と呼び合うのも時間の問題?(笑)

>わきさん
 たしかにみんな可愛いですよね^^
 しかし、こういう女の子たちをどこから見つけてくるんでしょうね。どうでも良いけれど個人的にとっても興味があります。
 
 最近では外国人専門の芸能プロダクションも大忙しだろーなー、なんて。調子に乗って使いまくってたら「ビザ問題で一発アウト!」っていう事件もあったような無かったような…。二十三重のリスクマネジメントが必要なんでしょうねー、なんて余計なお世話か(笑)


Posted by 石山>グーさん、tanくん、わきさん at 2005年11月17日 20:51

関係ありませんが、

うちの奥さんが最近スペイン語を覚える!とかいって見ているのでした。。しかしハングルについては
全く気づいておりませんでした。。

なるほどでした。。

追伸、ねむり病がなかなか治りません<今日は
久々におきてますが。。


Posted by V2(えん) at 2005年11月18日 00:57
>うちの奥さんが最近スペイン語を覚える!とかいって見ているのでした。

そのうちフラメンコを習い始めて、
西田ひかるや杉本彩のように変身してしまったら
写真を送って下さい。期待してます。^^

Posted by 石山>V2(えん)ちゃん at 2005年11月18日 12:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。