| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年11月27日

出会いとパワー

今週は新しい出会いがたくさんあった。
特筆すべきはそれらの「出会い方」である。

- - -

今週、ボクに新しい出会いをもたらせてくれたのは、
大きく分けるとふたつに分類される。


ひとつは友達から何気なく誘われたパーティーで、
それはボストン大学の卒業生が一同に集ういわゆる同窓会であり。
ボクとはまったく無縁の人の集まりであった、ということ。


繰り返すけれどボクはボストン大学も卒業してないし行ったことすらないので、
本来であればまったく関わりようがない人間です。

でも、人の縁とは不思議なもの。

今回のパーティーは「日韓交流」が大きなテーマで、
韓国からのOB/OGも多数参加するということらしく、
ここ最近、韓国や中国と触れあう機会が多いということで、
友人がボクを誘ってくれた…という流れ。


会場も麻布のAmericanClubとうことも手伝い、
いつも仕事で参加している交流会(という名の名刺交換会)とは一線を画すものだった。

お陰さまで、韓国の友人がまた増えたしなによりも楽しかった。
その友人には改めてお礼を言いたい。ありがとね!



一方、ふたつめの出会いの方だけれど、
それはなんと、いわゆる「出会い系サイト」という、
なんとも最先端なIT社会を象徴するような出会い方だったということ(笑)

こう表現しちゃうと間違いじゃないんだけれどニュアンスが怪しいよね。


まぁ、面倒くさいので詳細は書かないけれども、
コンクリートを突き破る大根だってあるこの時代、
いかなる環境でも特例は存在するんである。

まぁ、なんでも自分次第、と。


まぁ、そんなことはどうでも良い。

問題は出会った方の人生における処世術というか価値観に、
久しぶりに共感を覚えたというか、
「そうそう、そうじゃなきゃね」って思えたことが嬉しかった。


やっぱり、人は価値観が似ている人と出会うと、
心地よいものだし安心するものである。

それは、合わせ鏡のように自分の存在がそこにあるということを再確認できるからじゃないかと思う。



ともあれ、「宝くじは買わないと当たらない」大原則と同様、
能動的に何事にも自分からぶつかっていく姿勢は大切なんじゃないかと
再確認できた週でとてもエキサイティングだった。


- - -

●あとがき:

振り返ってみれば、あの大プロジェクトに関われたのも
「今から暇?これからこんな飲み会あるんだけど行く?」って
友達に誘われた某記念パーティーで出会った人の縁だし、

あの某大手団体から年間コンサルティングを受注できたのも、
夜遊び疲れて帰るのが面倒になって立ち寄った
うすら汚れた新宿のサウナであの方と出会ったからだ。


耳タコだし、風化されて、錆びついて、陳腐化されて、
口にするのも恥ずかしい言葉なんだけれど、

この世の中は出会いに溢れているし、
その瞬間に自分の人生が180度変わることだってあるんだと実感できる。


「人は人からしか学べない」

この言葉は先日亡くなったドラッガーさんの名言だけれど、
「人の間と書いて人間」である漢字からも
人と人の関わりって本当に大切なんだと思うし、

広い意味でコミュニケーションに関わる仕事に携わっているボクとしても、
「我ながらなんて素敵な商売、うふっ」と思える。



難しい話しは置いといて、
人との出会いに限らず「なんでも楽しめちゃう人間が人生の勝ち組なんじゃないか?」と思うわけである。




posted by 石山城 at 19:17 | Comment(5) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後から思い出したことをいくつか。

今では大の仲良しになっているたくさんの仲間たちの何人かも、ネットの掲示板やホームページを見てメールを通じて知り合った人って自分が想像しているよりも多いことに気づいた。

また一方では夜遊び仲間からの紹介で知り合った仲間たちも、今ではたいそうな金額になったビジネスにつながったりしてる。

…もちろん普通のビジネスとして知り合った方々もたくさんいるのは言うまでもないけれど…


共通しているのは自分が楽しめた、面白いと感じた人たちだったかどうか?ってこと。

そうじゃないと長続きしないだろうし、ましてやビジネスにまで発展しなかっただろうし、そう考えると、ビジネスもプライベートという線引きなんてないことに気づく。

そう、遊びも一所懸命やるべきなのだってことだ(笑)

ってことでこれからお出掛けするんである。
Posted by 石山 at 2005年11月27日 22:28
人と人の関わりって本当に大切<

どこでどう繋がってるのか不思議ですよね。。

『運』ってどう思いますか???

ついてる時はなにやってもイイ風に・・・

ついて無い時はなにやっても裏目。。

不思議と不思議・・
Posted by V2(えん) at 2005年11月27日 22:33
ネットワーキング力は、城さんの最大の魅力・才能だと思いますよ。
...それだけかい!とか言わないでね。
決してそうは思ってないけど、
私に大きく欠けた部分だから
とりわけものすっごく大きく見えるんだよね。
城さんのその力が。

ブログ見て連絡くれる人とかにも全然会いに行かないものなオレ。
仕事のメールでもおねーちゃんでも全部そう。
なんだか面倒くさそうだなーって思っちゃう。

きっと、根っこにはヒッキー体質があるんだとおもう。

でも、
なんで城さんとは会ってみようと思ったのかな??
殆ど即座に。
他の人と比べて、丁寧な文面でもなかったのに。

反省して
今度誰かから連絡もらったら、
少なくとも断る理由がなかったら
会いに行ってみようかと思っている私。
Posted by わき at 2005年11月27日 23:46
綺麗事ばかり並べ立てることは書きたくはないけれど、
「人は人で笑って人で泣く」ような気がします。

- - -

とはいえ、どこで見たかは忘れましたが、香山リカさんのどこかの相談コーナーで、「いちいちレスを返す義務感が面倒になって、もうブログは辞めた」という、引きこもりの子供の記事を思い出し、「これはこれで一理あるなー」とも思います。


なんにせよ、バランス、適度な距離感をキープするって、思いのほかなんでも大事ですよね。。。。と、言ってみるのは易しい(笑)

Posted by 石山城>V2(えん)ちゃん、わきさん at 2005年12月01日 19:46
人からのパワーにはかないません!
Posted by 出会いですね at 2009年06月09日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ボストン大学
Excerpt: ボストン大学ボストン大学 (''Boston University'') とは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン|ボストン市にある私立総合大学である。ボストンカレッジ (Boston Coll..
Weblog: 世界の大学
Tracked: 2005-12-03 13:31

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。