| Profile | top | Diary |

link.gifWel­come to my blog. I am Ja­pan­ese, and my job is so called com­mu­nic­a­tion plan­ner in the ad­vert­ising in­dustry. But my job is bor­der­less. For ex­ample, I am a mar­ket­ing plan­ner, a me­dia con­sult­ant, colum­nist, and web­site pro­du­cer. In the past few years, I am ex­pand­ing my work field to North-East Asia. Es­pe­cially the Worlds eye zoom­ing cit­ies, Shang­hai and Beijing in­clud­ing Tokyo of course. >> Wanna know me more?

Twitter Stream

2005年11月28日

来るべき女性の時代

 界で一番多く読まれているあの本によれば、男性の一部から創造されたのが女性なんだそうだが、自然の法則からみれば、後から生まれた種の方が生物学的に優れているもんである。


- - -

ボクの周りをぐるりと見まわしてみたときーー

20〜30代で起業して圧倒的なパワーで動いている人たち…、
企業の現場の第一線で飛び回っている人たち…、
近所の公民館などのサークル活動でわいわい集まってる人たち…、
海外旅行のツアーに参加している人たち…、

ーーどこをどう切り取ってみても、
圧倒的に元気なのは「女性」である。




女性が強くなった。


こういう言葉を聞いて久しいけれど、
この言葉の意味するところをもう少し因数分化してみると、

・社会進出がめざましい
・経済力がある

ーーなどの言葉に代表されるように、
社会的に強くなったという後ろ盾を持つようになったから、
強く見える、強くなった、という表現になっているんじゃないかと。


でも、ボクは改めて考えるときこう思うんです。


「女性は強くなったんじゃない。最初から強かったのだ」と。


それは厳密に言えばこういうこと。

女性は環境適応力が高いということであり、その時代その時代に一番適合した形に適応した結果が現在のポジショニングになったんじゃないかと。そう、変化の激しい時代において一番の強者は「適応力」を持った種であり、それは即ち「生命力が強い」ということだし、そして、今がその能力が遺憾なく発揮できる時代なんだということ。


それはこうも言えないだろうか。

その昔、前述の言い方を真似れば「女性が弱かった時代」、
男尊女卑も含めて、社会的地位が低かった女性が
一番有効に適応できる術は「結婚して妻になること」であったわけで、
その結果、良き妻、良き母になることは
女性という種がDNAレベルで選択した「環境適応性」の結果だったんじゃないかと。

- -

ともあれ、難しいことはおいといて、
女性を一言で言いあらわすとすれば、、、

「雨が降ったら傘をさす」ことができる生き物なんじゃないかと(笑)


これは簡単そうでなかなか難しいことなんじゃないかと、
男を40年やってきたボクなんかは思うんである。


だって、適応力とは言い換えれば、
新しいものを常に受け入れて、
ときとして古いものを平気で捨てられることを言うんである。


これが男の場合、ときとしてプライドが邪魔をしたり、
今まで生きてきた人生をときとしてすべて否定したりするはねぇ……

……などと、もごもごしているうちに後手後手に回っちゃいがちで、
うまくいかないことが多いもんです。


だけど、現代社会は激動の時代といわれて久しいけれど、
社会構造的変革や天変地異やテロやなんやかんやをぜんぶ含めて、
どうなるか誰もまったく予想も出来ない時代となっていることは
もはや誰も疑わない事実だ。


そう、今、時代に一番求められているのは「適応力」であり、
益々もって女性の時代なんじゃないかと思えるんである。



でも待てよ。

昔から家庭の財布のヒモを握るのはお母さんだったわけだし、
バブル前からつい最近まで消費を牽引してきたのはF1層と呼ばれる若い女性だったわけだし、
そう考えると、
ポジションは違えど現代社会は最初っから女性の時代だったのかも知れない(笑)

いやいや、なにをもって現代社会なんだよ?
っていうツッコミはこの際なしで。


つい最近の話題をみてみても、
わきさんのところで書かれている
「ブロガーは既に女性の方がずっと多いらしい」っていう記事なんかもそうだし、

いわんや米国でも、
次期大統領候補はヒラリーかライスかという議論で持ちきりだし、

そして忘れちゃならないのが、
我が国の皇位継承問題だってそうだ。



ともあれ、男性の一部から創造されたと言われる女性が優位な時代なんだろうけれども、
「ボクはその女性から産まれたんだ」ということを
(思い出せるものなら)思いだして、強く、たくましく生きていきたいと願う。



- - -

●あとがき

 今、米国では「Commander in Chief」というTV番組が人気なんだそうです。これは女性初の大統領のお話であり、前述の通り次期大統領が女性がなっちゃうかもよーっていうことに対して、「じゃ、今から慣れておこうよ」という主旨なんじゃないかともっぱらの噂なんだとか。凛々しい姿は必見。



posted by 石山城 at 00:57 | Comment(4) | TrackBack(1) | Diary / 日記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有難い言葉・・いいですねぇ。
はい。
とても・・・

目の付け所がよさすがです。

あっぱれ Joe!

Posted by がりたっぱ at 2005年11月28日 10:24
「ボクは女性から生まれたんだ」の

言葉なんか

TNの歌にありましたねぇ。
やっぱり考える根本は

TNっぽい。

私もですが
「やるなら今しかない」が一番好きです。
Posted by がりたっぱ at 2005年11月28日 10:46
初めまして(?)

なかなか奥が深いですね。
ブログを読むと確かに適応能力は女性の方が長けている気が致します・・・

出産もそうですよね、赤ちゃんが産まれたらその日から夜中のミルク、
オシメの交換等、ほとんどの女性は経験している訳ですし・・・

ただ、頭脳は男性の方が長けていると信じきっている私です(^^ゞ

Posted by nei at 2005年11月30日 17:09
>がりさん

がりさんのサイトでのほぼ全文引用感謝です。
びっくりしました(笑)

そうそう、なんだかんだ言っても生命力は女性の方が上だと思いますよ。


>neiさん

あらためましてこんにちは&初めまして(笑)

neiさんの意味するところの「頭脳は…」というのは、言い換えれば「ロジカルな思考回路は…」ということだったら、間違いなく男性の方が得意分野なんでしょうね。

っていうか、今は嫌になっちゃうとすぐに死んじゃったりする人が多い時代なので(だいたいそういう人は男です)、ロジカル云々より先に、まずは生命力が強いこと=たくましさがあることの方が大事。ボクもneiさんを見習いますよ!!
Posted by 石山城>がりさん、neiさん at 2005年12月01日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日の受け売り
Excerpt: これは実弟ブログからの引用です。 男性の立場から言えるのはさすがに彼が3人兄弟の末っ子で 二人のしっかり?した姉、トラのような母の元で育ったから? 「来るべき女性の時代」 世界で一番読まれてい..
Weblog: 福島市の語学スクール:AGORA(アゴラ) update Weblog
Tracked: 2005-11-29 01:01

▲ Top page
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。